たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2017年10月17日

砂利道で多摩動物園横を通って じいちゃんに連れられ歩いていきました。

こんにちは、


コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪





オキザリス・バーシーカラー
オキザリス・バーシーカラー
http://www.nihonflower.com/




花言葉 輝く心・母親の優しさ・喜び・決してあなたを捨てません・輝煌




写真のつぼみが咲き始めると
賑やかそうですね。
身近にはないかな。
いい感じの花言葉だね。





今朝。こんなことを書いていました。
ここで思うことは八王子市由木地区は
市の中心市街地に依存することもなく
生活できるので独特の文化が
生まれると思う。


鑓水の絹の商人も八王子と横浜。
鑓水の絹の商人も八王子と横浜。



昔の由木村の経済は八王子でした。
由木の経済を潤した養蚕は絶対です。
シルクロードと言われる絹の道で
鑓水の絹の商人も八王子と横浜。
自分の仕事も養蚕をうわまる
現金収入になる酪農も八王子です。
忘れられたかもしれませんが、
由木村の村長をしたこともある
井草家が八王子の子安町に牛乳工場を作りました。
日本の3大メイカーの流れの中で、
その後、明治乳業の工場になっていきました。
自分が小学校の頃はすでに明治乳業になっています。
今の子安町のカネカの西側のマンションのところです。
その時代以前には八王子の町の人糞も
由木に運ばれていました。
日野町との経済をなすための道路はありません。
昔は人が通れる山道はいくつもありましたが、
野猿街道を東にいき、川崎街道から
高幡不動に行くしかありません。
俺の祖母は日野の万願寺ですが、
山道の砂利道で多摩動物園横を通って
じいちゃんに連れられ歩いていきました。

(写真は鑓水の絹の道資料館)  


  • Posted by おっさん2 at 14:49Comments(0)地域政治町づくり生活ブログ多摩ニュータウン

    2017年10月16日

    人間科学部人間環境科だって、何やんのかなと思ってしまうほどだ。

    こんにちは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    梅もどき
    梅もどき
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 「明朗」「知恵」「深い愛情」




    う~~ん、身近には見てないですね。


    八王子市の由木地区の歴史を研究しています。
    八王子市由木地区の歴史を研究しています。


    昨夜は、午前3時ごろまで2004年から
    2013年の10年間のミクシーの
    日記を振り返っていました。
    懐かしいことが10年間綴っていました。
    そんな中で、、
    今では八王子市の由木地区の歴史を研究している
    東京大学の研究者との出会いが自分でした。
    東海大学八王子病院に入院中に
    来てくれた学生さんでした。
    その時の日記です。


    東京大学の岡田君との出会いを見つけました。(mixi)
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科編集する
    2008年11月03日15:22全体に公開 3 view
    早稲田大学人間科学部人間環境科学科


    http://www.human-waseda.jp/school/about/kankyo.html
    きのうは、早稲田大学の学生が来た
    卒論で多摩丘陵における里山保全について
    調べてることで学生がやってきた。
    事情を説明して病院でもかまわなければ
    いいよと伝えると、ぜひ、聞きたいといわれた。
    なんで俺のところ知ったのですかと聞くと、
    NPOの仲間に紹介してもらったそうだ。
    俺も、これからの自分を見つめるには、
    多くの人と話をすることで自分なりの
    整理ができてくるのではと期待しながら、
    いいこと思いつくのでは思うんだ。
    名刺を見てびっくりだよね、
    人間科学部人間環境科だって、、
    何やんのかなと思ってしまうほどだ。
    里山保全の運動の話をした。
    俺はきれいごとは言わなかった。
    運動の中で村八分になったり、
    請願していく上で政治にぶつかり、
    法さえ整ってればなんでもできる
    世の中の仕組みをもっと考えないと
    都市近郊の自然は消えていくことを
    知ること必要と感じながら
    学生さんといい時間を過ごした。

    (前列 左端の方です)  


  • Posted by おっさん2 at 14:32Comments(0)地域大学歴史医療町づくりブログ

    2017年10月15日

    牧師さん夫婦が最初に迎い入れてくれました。

    こんにちは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    キンギョソウ
    キンギョソウ
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」「推測ではやはりNO」





    身近にキンギョソウはないです。
    昔の由木村松木(マツギ)に
    鑑賞魚の金魚の養殖場の池がいっぱいあり、
    お店に行くと金魚の競りの声が聞こえていました。



    往復1500mにもなるキャンドルの 灯の横を歩いていました。
    往復1500mにもなるキャンドルの灯の横を歩いていました。


    昨日は、ちょっといい天気ではなかったけど、
    由木地区を横断する大栗川のキャンドルリバーがありました。
    妻と娘と3人で出かけました。
    由木地区の「由栗カフェ」活動メンバーの
    牧師さん夫婦が最初に迎い入れてくれました。
    その直後に緑化フェア担当の
    市職員さんとすれ違い挨拶するついでに、
    堀之内の里山保全活動の報告も
    ついでにやっていました。
    メイン会場にはFIOメンバーと、
    俺が指導してる東京薬科大学の学生さんが
    大勢いました。
    往復1500mにもなるキャンドルの
    灯の横を歩いていました。






    {写真は牧師さんの奥さんが撮ってくれました。)  


  • Posted by おっさん2 at 15:25Comments(0)地域イベント大学市民活動FIOブログ仲間由栗カフェ

    2017年10月07日

    とっても素晴らしいことが八王子から始まりました。

    おはようござます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    ブットレア
    ブットレア
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 魅力・深い信仰心・あなたを慕う・私を忘れないで・恋の予感・親しみのある関係




    見たことないです。
    でも、検索画像の花を見てると
    蝶々がいっぱい集まりそうな花ですね。



    緑化フェア企画の田んぼでアート
    緑化フェア企画の田んぼでアート



    八王子市市制100周年記念事業で
    緑化フェアの企画で富士森公園の陸上競技場の
    緑の集いの場が‥
    これ俺が勝手に名付けていますが、
    多くの方から壊してしまうのは
    市民にとって大事な財産になったものを
    壊さないで市民のために集いの場を残して
    欲しいという運動が始まりました。
    とっても素晴らしいことが
    八王子から始まりました。
    写真は緑化フェア企画の田んぼでアートです。


      


  • Posted by おっさん2 at 07:58Comments(0)地域自然市民活動町づくりブログ仲間

    2017年10月05日

    そんな若い人達の場になってきました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    秋明菊
    秋明菊
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 「薄れゆく愛」「忍耐」





    う、、、ん、みじかにはないです。
    花の名前の響きがいいですね。
    「シュウメイギク」なんかいい。


    コスモスの花が満開になりました。
    コスモスの花が満開になりました。


    きょうは妻のことで、
    八王子市本庁舎に出かけていました。
    身体障害者手帳の交付の手続きをしました。
    高速道路の割引、タクシーとガソリン助成、
    いろいろな支援を受けられる手続きをしてきました。


    昨夜、こんなことを書いていました。
    俺、うれしいです。
    永沢さん(はちおうじ志民塾講師)とは
    志民塾の3期生で受講して町に生きるという
    取り組みを一層深く暮らすことができたと
    思っています。
    最近、、ここ2年かなとても素晴らしい
    出来事の連続です。
    大病して10年目ですが、
    酪農の仕事も病気でやめました。
    その仕事場である牛舎を改造して
    農業に携わる新規就農者との出会いが
    とても素晴らしい取り組みを
    若い人達と取り組んできました。
    自分一人では思いもつかない事業が
    立て続けに行われてきました。
    第一歩は農作業に取り組む障害福祉施設の
    事業所になりました。
    月曜日から金曜日まで生活介護の取り組みで
    農作業や山羊の飼育に頑張っています。
    そして、農業体験農園施設として
    土日の活用がとても明るい人のかかわりが
    続いています。
    今月の8日には八王子市市制100周年記念事業の
    緑化フェアの企画として旧牛舎が「畑がレストラン」の
    取り組みが実施されます。
    この取り組みは若いみんなが
    地域で活動してきた成果でした。
    そんな若い人達の場になってきました。


    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10155284426461032&set=a.10150455512841032.366284.729101031&type=3&theater  


  • 2017年10月04日

    取り組みが八王子の市民の取り組みで広がるといいですね。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    コトネアスター
    コトネアスター
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 変わらぬ愛情・童心・安定





    名前は知らないけど、、
    どこかで見てそうな木ですね。
    飾りにこの実と枝で飾るものってありませんか?




    八王子の市民の取り組みで 広がるといいですね。
    八王子の市民の取り組みで広がるといいですね。



    今朝、facebookの八王子のコミュニティに
    書き込んでいました。
    この緑化フェアで皆さんが思う。
    市民の公園は市民の集いの場に
    したいというのは大賛成です。
    しかし、今回の市の取り組みを見ていても、、
    お金をかけることはできても
    市民と取り組む指導力はほとんど期待できないのが、
    今回の事業で見え見えになったと感じています。
    その中で、自分が住む由木地区の取り組みは
    素晴らしいと感じています。
    南大沢文化会館にジブリの高畑映画監督さんが
    体調がすぐれないのにもかかわらず来てくれました。
    ただの市からの依頼では絶対に来る人ではありません。
    そこには高畑勲さんとは17年以上の
    由木地区の市民とのかかわりが実現させたのです。
    そして、高月町の田んぼでアートも
    由木地区の田んぼで20年近く
    東京薬科大学の学生が里山活動していて、
    2年間の協力があったから実現しました。
    そんな取り組みが八王子の市民の取り組みで
    広がるといいですね。
    今の市行政では指導力はありません。




      


  • 2017年10月02日

    八王子FM局が開局したそうですね。

    こんにちは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    キンモクセイ
    キンモクセイ
    http://www.nihonflower.com/






    花言葉 「謙虚」「気高い人」





    これ、俺が中野町にある入所施設の農作業指導していた
    施設が畑を利用していた農家の家にありました。
    そのおじさん元気かな?
    とても素晴らしいいい人でした。
    そこのおじさんの田んぼも手伝ってあげていました。
    その田んぼの稲藁を
    中野町にある子安神社のしめ縄に使うということでした。
    でも、田んぼをやめてしまったと聞いたことがあります。


    今では八王子市障害福祉に 取り組んでいるんですよ。
    八王子市障害福祉に取り組んでいるんですよ。



    昨日から、八王子FM局が開局したそうですね。
    スマホのアプリも使えるようにして
    今さっきから、、スマホで聞いています。
    メッセージも書いたんだけど、、
    書きづらいのでメールで再度送りました。
    俺、20年ぐらい前に多摩市で開局した
    FM多摩のヘビーリスナーで
    牧場のおっさんというラジオネームで
    15年間情報発信してきました。
    その時のパーソナリティーさんと
    今では八王子市障害福祉に
    取り組んでいるんですよ。

      


  • 2017年10月01日

    老木の柿の実が成り年で いっぱい実がついてきた光景です。

    こんにちは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    チェッカーベリー
    チェッカーベリー
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 『明日の幸福』『不老長寿』




    赤い実がなるんですね。
    実といえば老木の柿の実が成り年で
    いっぱい実がついてきた光景です。


    里山公園を実現させた
    里山公園を実現させた



    きょうは、、朝からゆっくりしています。
    昨日の母の一周忌が終わったので
    ホッとしています。
    昨夜のfacebookの書き込みで
    八王子市の緑化フェアの陸上競技場の祭典終了後も
    継続してほしいという話が話題になっていました。
    こんなことを書いていました。

    〇同感です。多摩ニュータウンの公園で
    里山公園を実現させたときに
    やはり、市民がかかわれる取り組みを
    必死に意見して実現させたことありましたが、、
    10年近くかかりました。
    用地確保からですが、、、


    もう一つ、、
    〇 2年前に緑化フェアのことで
    環境政策課長に人を育てて欲しいと言っていました。
    しかし、その取り組みを聞いたことがありません。
    俺の知る限りです。
    公園緑地には管理の取り組みとして
    里親制度があります。それとか、
    指定管理者の取り組みもあります。
    そのような活用によって
    管理費の節減することや、
    企業誘致(飲食などの誘致、公園法が
    改革していくことで可能になりそうです、保育園も)
    そのようなことで市民レベルの取り組みが
    行なえれば可能と感じます。
    しかし、そのような取り組みを
    市職員から聞いたことはないです。
    俺、見ないうちに終りそうです。




    10年近い意見を言い続けてると、
    市やUR都市機構にいる人や
    内部支援してくれる人とかかわれてきます。
    思い付きではありません。
    里山公園や社会福祉法人創設も同じことです。
    それをやってきたことで
    自分の住む町をデザインしてきました。







      


  • 2017年09月28日

    やっと咲き始めました。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    コスモス
    コスモス
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 「乙女の真心」「調和」「謙虚」




    毎年、我が家の庭に種を蒔かなくても咲きます。
    夏の前からコスモスが成長していきます。
    車や足で踏まないよう注意をして、、
    半年間の草刈りも注意深く草を刈っています。
    やっと咲き始めました。



    やっと咲き始めました。
    やっと咲き始めました。



    FIOメンバー指導による市民と一緒に田植え
    FIOメンバー指導による市民と一緒に田植え



    昨夜、東京都の農業員会の
    上部組織のアンケート調査があり、
    そこに書き込んでいました。
    八王子市は都内でも広い農地が
    あるにもかかわらず、
    先進的な取りくみも無く、
    農家頼みでしかなく、
    遊休農地が点在していますが、
    地域で取り組むこともなされてない
    現実をアンケート調査に書いていました。

    写真はユギムラ牧場のFIOメンバー指導による市民と一緒に田植え作業)  


  • Posted by おっさん2 at 23:39Comments(0)地域農業農業体験農業FIO暮らし

    2017年09月27日

    「誰もが楽しく暮らせる街にしたい」 これからも取り組んでいきます。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    クジャクソウ
    クジャクソウ
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 可憐な人 飾り気のない人 一目ぼれ、悲しみ





    紹介されている花の色は好きです。
    皇帝ダリアもこの色でしたね。


    毎年の秋に講演会を開いています。
    毎年の秋に講演会を開いています。



     昨夜は、八王子市内の障害福祉施設で
    取り組む講演会のチラシを
    facebookに紹介していました。
    身近な福祉施設を社会福祉法人にした
    取り組みのかかわりで多くの
    福祉施設の運営者とかかわるようになり、
    毎年の秋に講演会を開いています。
    そのために毎月の研修会を続けてきました。
    八王子市内で暮らす中で
    「誰もが楽しく暮らせる街にしたい」
    これからも取り組んでいきます。




      


  • Posted by おっさん2 at 09:10Comments(0)地域講演市民活動障がい福祉町づくり暮らし