たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2018年06月12日

課長さんから鈴木さんですねと尋ねられていました。

こんばんは、


コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪




コリウス
コリウス
http://hanayakaigyo.com/




花言葉 「かなわぬ恋」「善良な家風」「健康」




これ、旧牛舎の入口に舩木さんが
植えてくれています。
とてもいい感じです。



八王子市本庁舎に出かけていました。
八王子市本庁舎に出かけていました。


きょうは息子の病院と、
八王子市本庁舎に出かけていました。
途中、農業委員の友達から農林課の課長さんに
連絡ができないと連絡が入ったことで、
農林課に寄ることにしました。
農林課にはあまり行かないのでうろうろしていたら、
課長さんから鈴木さんですねと尋ねられていました。
彼は多摩ニュータウン学会のシンポジウムで
司会から頼まれしゃべっている自分を見ていて、、、
俺が来たのをわかってくれたようでした。
1時間以上、、みっちりと八王子の農業に語り
続けていました。
手ごたえのある方でした。


  


  • Posted by おっさん2 at 02:33Comments(0)農業町づくり多摩ニュータウン

    2018年06月11日

    大きな波にもまれてきました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ハス
    ハス
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」


    昔、我が家から100mのところに
    大きな池がありました。
    ハスがいっぱいあり、
    子供のころ池のふちで
    よく遊んでいました。


    自分は多摩ニュータウン開発という 大きな波
    自分は多摩ニュータウン開発という大きな波


    昨日、多摩地区の活動家の集いに
    出かけていました。
    昔から農地の利用には
    相続という区切りがあり、
    市民活動されたいると、
    その相続で活動が途切れるのが現実です。
    自分は多摩ニュータウン開発という
    大きな波にもまれてきました。
    その経験は今の社会にとって
    大きな経験をしてきたことを
    感じる一日でした。


      


  • Posted by おっさん2 at 01:37Comments(0)農業町づくり多摩ニュータウン

    2018年06月10日

    生ごみリサイクル交流会がありました。

    こんばんは



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ルリマツリ
    ルリマツリ
    http://hanayakaigyo.com/





    花言葉 密かな情熱 いつも明るい 明るい心 同情心 より同情します






    瑠璃色好きです。



    佐藤さんの独自の日野市でコミュニティ農園
    佐藤さんの独自の日野市でコミュニティ農園



    きょうは、田んぼの水漏れ穴をふさいで
    国分寺労政会館に出かけました。
    生ごみリサイクル交流会がありました。
    発表者の日野市の佐藤さんの200軒
    生ごみたい肥化の話もありました。
    13年ぐらい前に一緒に
    生ごみ生たい肥化を取り組んでいました。
    しかし、10年前に俺が病気になって
    その取り組みが終わり、
    佐藤さんの独自の日野市でコミュニティ農園で
    生ごみたい肥化を10年やってきて
    生ごみたい肥化では多摩地区で
    素晴らしい取り組みとして評価されています。
    今度、八王子農業の勉強会で
    佐藤さんに取り組みを話してもらいます。






      


  • Posted by おっさん2 at 04:51Comments(0)講演牧場農業市民活動仲間

    2018年06月07日

    俺の20年です。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    千日紅
    千日紅
    http://hanayakaigyo.com/



    花言葉 「色あせぬ愛」「不朽」


    かわいい花ですね。
    今、皇帝ダリアがどんどん伸びています。
    その横にあるアジサイのダンスパーティが
    大きくなり花が咲き始めました。



    大学院生とかかわることで地に着いた研究
    大学院生とかかわることで地に着いた研究



    きょうはこんなことを書いていました。
    俺の20年です。
    教育ではないんですが、20年前に地域学会である
    多摩ニュータウン学会に参加しました。
    多摩ニュータウン開発20周年という記念事業があった時に
    第1回研究発表大会自由研究発表に参加していました。
    その前に学会の窓口だった大妻女子大の研究室のドアを
    たたいたのが最初でしたが、多くの大学の先生や
    都市計画家、建築家、大学院生と町づくりについて
    参加していました。
    多摩地区で百姓がそのような人とかかわるなんて
    たぶん俺ぐらいだろうと思います。
    ただ、多くの人とかかわることで多くを学びました。
    また、福祉関係では都庁の福祉局の方がいたことで、
    社会福祉法人創設への道へではかなりスムーズに
    話を進めることができました。
    また、大学の先生は行政の指導的立場の方がいたことで
    とても町づくりについて参考になっていました。
    また、大学院生とかかわることで地に着いた研究に
    かかわる場もたくさんありました。
    多摩ニュータウン学会とかかわる20年の時間は
    とても実績を積み重ねることができて自分の住む町を
    デザインすることができました。
    農業と町づくりの取り組みは大きな財産として
    形作ることができたと感じます。
    20年前の文章です。
    http://www.tnt-net.co.jp/ossan/tama&rakunou.htm  


  • Posted by おっさん2 at 00:54Comments(0)農業大学町づくり里山多摩ニュータウン

    2018年06月05日

    街をデザインしていく中で生活に伴った町づくり

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    アンゲロニア
    アンゲロニア
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 過去の恋人 片思いの恋 可憐な恋




    うん、、、俺の言い方だと「わかんねヤァ」




    街をデザインしていく中で生活に伴った 町づくり
    街をデザインしていく中で生活に伴った町づくり


    さっき、俺のやってきたことを書いていました。

    他で書きました。

    俺、父とだけど日本住宅公団、そして、URとで30年。
    そして、自然にかかわる東京都の環境局とのやり取りを
    20年やってきました。
    今の町づくりの現場を縦割りを超えてやってきたことで
    19住区の町づくりにかかわってきたことで
    今の堀之内のユギムラがあります。
    その本のことは知っていますが、
    読んだことはありません。
    イギリスのことも知っていますが、
    今の都市計画を進める行政の方をみて、
    俺は生活の中で農業公園構想を実践してきました。
    その街をデザインしていく中で生活に伴った
    町づくりを実践してきたこと誇りに思っています。  


  • 2018年06月03日

    ハイ~~植えてください。 植えましたね、、

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ガイラルディア
    ガイラルディア
    http://hanayakaigyo.com/


    花言葉 『協力』『団結』『明るい人柄』『きらびやか』



    菊が咲いているところに、、
    篠竹がはびこって苦労しています。


    ハイ~~植えてください。 植えましたね、、
    ハイ~~植えてください。植えましたね、、


    きょうは忙しい一日でした。
    午前中は田植えの指導していました。
    田んぼにガイドロープの田植え綱を引っ張りながら、、
    ハイ~~植えてください。
    植えましたね、、
    さがってくださいと大きな声を出していました。
    午後は明星大学の教室で地域学会の
    多摩ニュータウン学会の総会です。
    都市農業の法律が変わってきたことで、
    都市計画家の説明と、
    八王子市での実際の活動が報告され、
    多摩市、町田市の都市計画審議会のトップが
    同学会のメンバーである大学の先生が報告した後に、
    コーディネーターの方から
    自分に意見を求められ自分なりの意見を話していました。  


  • Posted by おっさん2 at 01:18Comments(0)農業大学里山暮らし多摩ニュータウン

    2018年06月01日

    最後の田んぼの 代掻きをしていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    スモークツリー
    スモークツリー
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 『賑やかな家庭』『煙に巻く』『賢明』『はかない青春』




    身近にはないです。
    名前の通りですね。



    最後の田んぼの 代掻きをしていました。
    最後の田んぼの代掻きをしていました。


    昨晩はビデオの「Video~」のスパムで
    悩まされていました。
    ただ、自分のところから友達にメッセージで
    勝手に送られていないことで
    専門家の方から注視していてくださいと
    早朝にアドバイスがありました。
    お昼から、最後の田んぼの
    代掻きをしていました。
    寝不足でトラクターに
    またがっていました。



      


  • Posted by おっさん2 at 02:24Comments(0)地域農業FIO里山ユギムラ牧場暮らし

    2018年05月30日

    携帯でFM八王子を聞き始めました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    バジル
    バジル
    http://hanayakaigyo.com/

    花言葉 好意 好感 神聖 高貴 良い望み 強壮 憎しみ 何という幸運





    バジルというのは知ってるけど、、
    ハーブを使く食生活は程遠いです。


    FIOの大神さんがしゃべってる。
    FIOの大神さんがしゃべってる。



    1日、朝から田んぼでした。
    6月2日に田植えのイベントです。
    そのために田んぼの準備していました。
    午後に福祉施設の利用者さんに
    紙袋に堆肥を詰めたものを
    田んぼに散布していました。
    一人でやっていたので
    携帯でFM八王子を聞き始めました。
    あれ、よく知る人の声でした。
    FIOの大神さんがしゃべってる。
    局に電話すると生放送で
    田植えのイベント紹介をしていました。
    聞いていなかったのでびっくりでした。





      


  • Posted by おっさん2 at 03:23Comments(0)地域農業自然FIO里山

    2018年05月29日

    トラクターがぬかるみに沈んでしまい、、

    こんばんは、




    http://www.hanayakaigyo.com/
    コロ君の日本探訪




    ペンタス
    ペンタス
    http://www.hanayakaigyo.com/



    花言葉 「希望がかなう」「願い事」



    身近にはないです。小さな花びらがかわいいな。



    トラクターがぬかるみに沈んでしまい、、
    トラクターがぬかるみに沈んでしまい、、


    夕方、田んぼに忙しい中で田んぼの準備を
    ちょっとしていたら、、
    トラクターがぬかるみに沈んでしまい、、
    四輪駆動でも前に進むことができなくなってしまった。
    大神さんに四輪駆動のダンプにワイヤーを
    かけて引っ張って脱出していました。
    昔、父が田んぼでトラクターが
    自力で出ることができずに、、
    牛の仕事をする時間になって
    牽引することを何度も
    やっていたことを思い出しました。
    昔のトラクターはかなり苦労していました。
    多摩丘陵の谷戸田なので
    雨が降ってないので水不足で大変です。

      


  • Posted by おっさん2 at 01:37Comments(0)農業自然FIO里山暮らし

    2018年05月28日

    3時間ほどぶっ続けに肩掛け草刈機で刈りまくっていました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    サンタンカ
    サンタンカ
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 喜び・謹厳・張り切る・可憐・熱き思い



    一度だけ、、どこかで見ています。




    きょうは本格的に家の周りの草刈りをしていました。
    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機で
    刈りまくっていました。



    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機
    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機



    さっきこんなことを書いていました。長文です。

    昔、美濃部都知事時代に多摩ニュータウン開発で
    東京都に八王子の酪農集落を残して欲しいと
    請願していました。
    昔は国レベルでは社会党などは野党の存在はありましたが、
    市レベルでは多摩ニュータウンに反対と言えるのは
    共産党しかありませんでした。
    八王子市が国に逆らうことなどできない時代でした。
    自分が二十歳そこそこのころ、
    多摩ニュータウンという国策に反対することが
    とても大変な時代にどうふるまっていたかと言えば、
    請願,請願と「お上」に逆らっていました。
    その時代に、、肝っ玉おばちゃんが都議でいました。
    都議の後藤マンさんという医師の都議会議員さんと
    日々を共にしていました。
    後藤マンさんという都議会議員さんが当時の都議会本会議で
    美濃部知事の口から国策である多摩ニュータウン開発から
    酪農集落を存続させると答弁を引き出してくれました。
    しかし、日本住宅公団は建設省に類するところで
    都知事の発言など聞く耳などありませんでしたが、
    昭和50年代のオイルショックで多摩ニュータウン開発の
    縮小していくことで酪農存続の道が見えてきました。
    自分は日本の社会の農家で頑張っている人は
    いっぱいいるとは思いますが、
    そんな経験がとても自分の肉となっていることを
    最近感じるこの頃です。
    自分のやってきたこと自分でほめる
    気持ちです。  


  • Posted by おっさん2 at 01:43Comments(0)牧場農業政治歴史町づくり暮らし多摩ニュータウン