たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2018年06月17日

40年近い時間の流れは人それぞれの人生があるんですね

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪




ヒポエステス
ヒポエステス
http://hanayakaigyo.com/



花言葉 全ての人々への優しさ、美の秘密



これは農業体験農園施設の入口に植えてあります。
これも、舩木さんが植えてくれていました。



右端の友も若くして亡くなっていました。
右端の友も若くして亡くなっていました。


きょうは、40年近く前に若き頃に
社会人サークルのOB会の
会報が送られてきました。
俺、20歳の時にユースホステルを使って
1カ月間、2月から3月にかけて
北海道一人旅をしていました。
その多摩地区のホステラー会員が集まった
グループ多摩というグループで
活動していました。
御岳山の清掃ハイク、
子供たちを集めて御岳山でチャイルドホステリング、、
50km、100kmウォーキングをやっていました。
そのOB会の会報にも懐かしい人が
亡くなったりと悲しい出来事が起きていました。
40年近い時間の流れは人それぞれの
人生があるんですね。
自分にもあの頃の思い出がありました。
写真の右端の友も若くして亡くなっていました。  


  • Posted by おっさん2 at 02:08Comments(0)歴史ブログ仲間

    2018年06月14日

    蚕さんが桑の葉っぱを食べる音を聞きながら寝ていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    カシワバアジサイ
    カシワバアジサイ
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 慈愛、汚れなき心、清純、皆を引きつける魅力、元気な女性、優美。





    この紫陽花が我が家の庭にあったらにぎやかですね。



    蚕さんが桑の葉っぱを食べる音を聞きながら 寝ていました。
    蚕さんが桑の葉っぱを食べる音を聞きながら寝ていました。



    きょうは、さっき建築家のfacebookに
    こんなことを書いていました。


    わが家の家は昭和5年に建てた家です。
    住む家というよりも南多摩郡由木村は酪農と養蚕で
    家の作りは蚕室になる家です。
    そして、2階は繭を採る場でした。
    そんなこともあって小学校に上がるころまでは
    夜に蚕さんが桑の葉っぱを食べる音を聞きながら
    寝ていました。
    そんな家です。

      


  • Posted by おっさん2 at 01:05Comments(0)地域歴史生活暮らしfacebook

    2018年06月08日

    「不動産屋さんかな?」

    こんばんは、



    コロ君の日本列島
    コロ君の日本列島


    アジサイ・アナベル
    アジサイ・アナベル
    http://hanayakaigyo.com/



    花言葉 『ひたむきな愛』『辛抱強い愛情』





    2年前に阿部さんのところの日本フラワーで
    母の日に買った紫陽花のダンスパーティーを
    庭に植えていたので青々とした木になり
    咲き始めています。



    自分の住む町の歴史を教えていると・・・・・?
    自分の住む町の歴史を教えていると・・・・・?



    きょう、堆肥舎の仕事を終えて
    家に向っていると気になる人が
    歩いていました。
    「不動産屋さんかな?」
    ここは調整区域だから仕事できないよと
    いうつもりで、、、「どんな用事ですか?」と
    聞いていました。
    そして、自分の住む町の歴史を教えていると・・・・・?
    もしかして、最近,facebookで
    友達申請してきた人と聞くと・・・そうです。
    びっくりです。  


  • Posted by おっさん2 at 01:37Comments(0)歴史里山ブログfacebook

    2018年05月28日

    3時間ほどぶっ続けに肩掛け草刈機で刈りまくっていました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    サンタンカ
    サンタンカ
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 喜び・謹厳・張り切る・可憐・熱き思い



    一度だけ、、どこかで見ています。




    きょうは本格的に家の周りの草刈りをしていました。
    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機で
    刈りまくっていました。



    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機
    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機



    さっきこんなことを書いていました。長文です。

    昔、美濃部都知事時代に多摩ニュータウン開発で
    東京都に八王子の酪農集落を残して欲しいと
    請願していました。
    昔は国レベルでは社会党などは野党の存在はありましたが、
    市レベルでは多摩ニュータウンに反対と言えるのは
    共産党しかありませんでした。
    八王子市が国に逆らうことなどできない時代でした。
    自分が二十歳そこそこのころ、
    多摩ニュータウンという国策に反対することが
    とても大変な時代にどうふるまっていたかと言えば、
    請願,請願と「お上」に逆らっていました。
    その時代に、、肝っ玉おばちゃんが都議でいました。
    都議の後藤マンさんという医師の都議会議員さんと
    日々を共にしていました。
    後藤マンさんという都議会議員さんが当時の都議会本会議で
    美濃部知事の口から国策である多摩ニュータウン開発から
    酪農集落を存続させると答弁を引き出してくれました。
    しかし、日本住宅公団は建設省に類するところで
    都知事の発言など聞く耳などありませんでしたが、
    昭和50年代のオイルショックで多摩ニュータウン開発の
    縮小していくことで酪農存続の道が見えてきました。
    自分は日本の社会の農家で頑張っている人は
    いっぱいいるとは思いますが、
    そんな経験がとても自分の肉となっていることを
    最近感じるこの頃です。
    自分のやってきたこと自分でほめる
    気持ちです。  


  • Posted by おっさん2 at 01:43Comments(0)牧場農業政治歴史町づくり暮らし多摩ニュータウン

    2018年05月23日

    三宅島阿古の保育園の鈴木園長(女性)さんと

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    メランポジウム
    メランポジウム
    http://hanayakaigyo.com/



    花言葉 元気、あなたはかわいい、小さな親切。





    これ、、どっかで見たことあります。どこだかわからない。





    きょうは、田んぼに出かけていました。
    FIOメンバーが田んぼの草刈りをしてくれていました。
    明日は雨という予報なので、、
    乾いているうちに燃やすことにしました。
    何千万という雑草の種が付いているので、
    燃すことで少しは雑草対策にはなります。
    その後、トラクターで田起こしました。



    三宅島阿古の保育園の鈴木園長(女性)さん
    三宅島阿古の保育園の鈴木園長(女性)さん


    きょうはこんなことを書いていました。
    都立大で思い出すのは、、
    三宅島噴火 全島避難で支援ボランティアの
    基地にしていました。
    その時は2000年ごろだったかな、
    都立大のサーバーを利用して
    メーリングリストで情報交換をしていました。
    その時に知り合った三宅島村役場の
    故木村王二福祉係長さん、
    そして、ボランティアで来ていた
    東京都初代IT推進室長さんと3人で
    八王子インターチェンジ近くに
    三宅島げんき農場を開設して
    三宅島のじいちゃん、ばあちゃんが
    アシタバを作って楽しんでくれました。
    そんな思い出があります。

    写真は三宅島阿古の保育園の鈴木園長(女性)さんと
    ご主人さんの三宅島村村会議員さんが
    うちの畑仕事してくれました。  


  • Posted by おっさん2 at 00:49Comments(0)農業大学歴史暮らし多摩ニュータウン

    2018年05月20日

    とても楽しみが増えました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    トリトマ
    トリトマ
    http://hanayakaigyo.com/


    花言葉 痛み  恋の痛み  あなたは私を楽しませる  情熱家  あなたを思うと胸が痛む



    残念ながら、、見たことないです。


    今は東京大学で研究されています
    今は東京大学で研究されています



    田んぼから帰ってくると、
    飯田さんから牛小屋に
    お客さんが来てると連絡が入りました。
    牛小屋の入口に見慣れない自転車が
    置いてありました。
    なんか、若い女性でした。
    東京農業大学1年の女子大生でした。
    農業と町づくりについて
    質問したいということでした。
    なんで、俺のところを知ったのか聞きました。
    俺のホームページを見てくれていました。
    すぐ近くに住んでいるそうです。
    たぶん、このブログも見てくれているんでしょう。
    疑問を持ってやってきてくれたこと
    とても素晴らしいことだと思います。
    彼女はデザイン農学科という
    新しい学部だそうです。
    現場をもっと見てほしいですね。
    10年前に早稲田大学の学生が
    入院中に来てくれた方を
    思い出しました。
    今は東京大学で研究されていますが、
    とても楽しみが増えました。


      


  • 2018年05月06日

    多摩動物園につながっています。

    おはようございます。




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    コリウス
    コリウス
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 「かなわぬ恋」「善良な家風」「健康」




    これ、きょう、これから始まる
    結婚式の農業体験施設に
    舩木さんが植えてくれています。





    昨日は、家の周りの生け垣の
    手入れをしていました。
    がデイサービスから戻る
    5時30分まで朝から電動バリカンを
    振り回していました。


    今朝、こんなことを書いていました。


    写真から60秒で山道になります。
    写真から60秒で山道になります。



    おはようございます。
    昨日はお疲れさまでした。
    写真の道は400年続く生活道路です。
    八王子的には古くはありませんが、
    自分が子供のころから遊んでいた道です。
    この左手の山腹に我が家のお稲荷さんがあります。
    そして、この道を行けば
    多摩動物園につながっています。
    ガイドの長谷君との出会いで
    里山での活動では山を活かすということで
    とても素晴らしい活動になってきました。
    今後もよろしくお願いします。
    写真から60秒で山道になります。
      


  • Posted by おっさん2 at 10:59Comments(0)地域自然歴史FIO里山暮らし

    2018年03月28日

    散歩半分おしゃべり半分の散歩日和

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    コデマリ
    コデマリ
    http://hanayakaigyo.com/


    花言葉 「優雅」「上品」「友情」




    これ、どこかで見ています。
    きょう散歩していた
    里山公園にはないです。



    歩半分おしゃべり半分の散歩日和
    散歩半分おしゃべり半分の散歩日和


    きょうはとってもあったかかったので
    リハビリの理学療法士さんの方が
    終わって散歩に出かけました。
    里山公園を通過し、、
    テニス教室の練習を
    見学しているときに
    初心者コースのコーチと
    世間はなしして、、
    次は、スーパーの中にある
    100均でファイルを買っていると
    公園管理をしている
    アダプト活動の会計さんと
    ばったり会い、
    由木村の歴史をお互いに
    話していました。
    東京オリンピック前の50年前には
    移り住んできたことがわかりました。
    散歩半分おしゃべり半分の
    散歩日和でした。




      


  • Posted by おっさん2 at 01:19Comments(0)歴史生活里山暮らし介護

    2018年03月22日

    多摩丘陵という平地の少ない地形の中で暮らしています。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    デモルホセカ
    デモルホセカ
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 元気、すこやかな人 豊富、無邪気
    ほのかな喜び


    この花の写真を見ているだけでも
    元気が出てきますね。



    自分の住む町で農業基盤を 壊さない
    自分の住む町で農業基盤を壊さない


    さっき、農林省の方さんのところに
    書いていました。
    自分の住んでいる町は都市近郊で
    多摩丘陵という平地の少ない地形の中で
    暮らしています。
    農業生産という面からすると
    生産性の乏しい場所かもしれません。
    歴史的な流れの中で由木というところは
    酪農を率先して営んできました。
    しかし、東京という大都市の住宅地として
    変貌していきました。
    今の日本の時代の流れの中で
    人口減少が始まる中で
    町の在り方を考える中で、
    わずかな自然や農地の価値を
    どう高めるかが自分にとっての
    営みにつながると感じています。
    20年ぐらい前に都庁のある方が
    「ゼロ・エミッション 」という言葉を
    言っていました。
    一つの単位の中でできるだけ
    自己確立していく生活を進める。
    今、自分の住む町で農業基盤を
    壊さないで生活していく取り組みとして
    都市計画が進められ、
    税法の認められる取り組みとして
    「農業体験農園」という取り組みで
    市民と地域で暮らし、
    そこに身近に取り組める
    福祉事業もかかわる農福連携で
    地域福祉にも貢献できる
    暮らしを望んでいます。


      


  • 2018年03月11日

    溶接機でトラクターで牽引する トレーラーを作っていました。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    エピデンドラム
    エピデンドラム
    http://www.nihonflower.com/



    花言葉 『判断力』『可憐な恋』『孤高への憧れ』



    見たことありそう。
    なんとなくかわいい花だと思う。
    ギリシャ語で木の上と意味するらしい。



    牛を運ぶトラックの枠を 作っていましたね。
    牛を運ぶトラックの枠を作っていましたね。



    畑はかなりの雨で畑の土は水分が
    飽和状態で畑仕事は無理でした。
    堆肥小屋の牛糞堆肥の攪拌機を
    高い溶接棒で補修していました。
    35年前、まだそのころは近くには
    量販店がありませんでした。
    相模原市にあった量販店で
    200ボルトの電気溶接機を購入したのが
    素人溶接の始まりでした。
    そして、その年に娘が生まれた年でもありました。
    その溶接機でトラクターで牽引する
    トレーラーを作っていました。
    写真はないです。
    牛を運ぶトラックの枠を
    作っていましたね。(写真)  


  • Posted by おっさん2 at 00:54Comments(0)牧場歴史生活暮らし日曜大工