たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2017年08月21日

おはようございます。いいねを押してくれてありがとう。

おはようございます。




コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪



チランドシア
チランドシア
http://www.nihonflower.com/



花言葉 「不屈」


これ、、どっかで見た。という感じです。
土がなくても育つっていうのが不思議です。
空気から栄養が採れるのかな?
根粒菌でもくっついているんですか?


おはようございます。いいねを押してくれてありがとう。
おはようございます。いいねを押してくれてありがとう。


今朝、ある方のところに書いていたところに
「いいね」をしてくれた方のところに
書き込んじゃいました。


おはようございます。いいねを押してくれてありがとう。
ある方のところに書いていたものです。
介護のことでした。
テレビで友達の友達をつなげていくと
何回だかは忘れましたがアメリカの人に
必ずつながるという話を聞いたことあります。
全く知りませんが共通の友達が5人もいたのには
びっくりです。
昨日はその一人の方に書き込みしていました。
その方とは自然エネルギーや飼ってる愛犬が
同種のゴールデンなんです。
もう一人の方も自然エネルギーで繋がりました。
自分は八王子市で若い人達の輪に入り、
我が家の堆肥舎の屋根に30kwで八王子市市民から
800万円を集めて八王子市初の市民太陽光発電を
始めました。
あと、市議会議員を応援してるんだけど、、
そのつながりですね。
俺、ネット上では「多摩のおっさん」と自称しています。
「いいね」ありがとう。
  


  • 2017年08月20日

    自分の中で「多摩の壮士」という 血があったように思います。

    こんにちは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    トネリコ




    花言葉 『威厳』『偉大』『服従』『高潔』『思慮分別』




    トネリコ
    http://www.nihonflower.com/




    たぶん、身近にはないですよね。
    こんなことが書かれていました。
    枝は太く、弾力性があることから、
    木材としてバットやテニスのラケット、
    家具の資材に利用されてきたそうです。
    人って木の性質を見抜き様々なことに
    活用してきたんですね。



    おはようございます。ゴールデンの方ですね。
    おはようございます。ゴールデンの方ですね。


    今朝、同じ犬種のゴールデンレトリバー犬を
    飼ってる方に書き込んでいました。

    おはようございます。ゴールデンの方ですね。
    俺、霊の体験はほとんどありません。
    ただ、地元で生まれ、地元で仕事をし、
    地元で暮らす生き方をしてきました。
    お墓も400年続く多摩丘陵の山の中にあります。
    その多摩丘陵が削られ自分の仕事が追われる生活を
    父の時代から何十年とやってきました。
    そして、父が亡くなり多摩の酪農家4代目の
    100年以上続いた牛飼いを続ける中で
    どう生きていくかを考える中で、
    自分の中で「多摩の壮士」という
    血があったように思います。
    その血筋が自分を湧き出てくれたおかげで
    いろんな取り組みをしてこれたように思うのです。
    自然保護で八王子市初の里山保全地域指定の実現(都では地元初)、
    前例のない障害福祉施設の社会福祉法人の実現、
    八王子市初の新規就農の支援、
    自然エネルギーの市民太陽光発電の実現と、、
    やってこれたのも「多摩の壮士の血筋」なんて
    思っています。  


  • 2017年08月19日

    自分の道を辿るために たくさんの人と出会いました。

    おはようございます。




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ハゼ
    ハゼ
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 「真心」



    どっちかというと魚の「ハゼ」が浮かびます。
    油が採れるから英語で
    wax tree、Japanese wax treeって
    言うんですね。



    自分の道を辿るために たくさんの人と出会いました。
    自分の道を辿るためにたくさんの人と出会いました。


    阿部さん、最近は自分が何をやってきたかを
    思い返すことが多いです。
    父と仕事をしていたころは
    「人のために」という日々だったように
    感じていまた。
    父が老いてきたころには
    自分は何をすべきかで、
    自分の道を辿るために
    たくさんの人と出会いました。
    いい人と出会いました。
    そんな人たちといいことやって
    来れました。
    酪農の仕事は病気のために
    できなくなってしまいましたが、
    自分の生き方をしてきたことで、
    今もいい人との出会いが続いています。
    今、考えると自分なりの「真心」を
    続けてきたのかなと感じるこの頃です。
    これからもやることいっぱいあります。




      


  • 2017年08月17日

    これも「生きるぱーわー」だったように 思います。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    風知草
    風知草
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 『未来』『未来を思う』




    これ、我が家の庭や農業体験施設の周りに
    目立たないでひっそりとあります。



    若い福祉作業所のリーダーの高井さんとです
    若い福祉作業所のリーダーの高井さんとです



    昨日は、八王子市障害福祉課長さんと
    会っていました。
    今朝、こんなことを書いていました。


    昨日は八王子市の障害福祉課長さんに
    会っていました。
    これからの八王子市の障害福祉の指針を策定していく中で、
    市の現状を現場から伝えるということで、
    養護学校の先生、福祉作業所を創設、相談業務の経験者の方と
    二人で課長移動してることなので初対面に望みました。
    俺、自己紹介は「多摩のおっさん」ですと本当に言っていました。
    話の中で、、八王子の夢をかなり熱く語ったことで
    時間をオーバーしても話を聞き入ってくれていました。
    これも「生きるぱーわー」だったように
    思います。
    (写真は若い福祉作業所のリーダーの高井さんです)  


  • Posted by おっさん2 at 08:50Comments(0)政治市民活動障がい福祉町づくりブログ暮らし

    2017年08月16日

    今朝こんなことを恵泉女子大学の先生に書いていました。(Facebook)

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ゼラニウム
    ゼラニウム
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 「尊敬」「信頼」「真の友情」




    学名「Pelargonium(ペラルゴニウム)」は、
    ギリシア語の「pelargo(コウノトリ)」が語源で、
    花後の種子に突起があり、
    コウノトリのくちばしに似ていることから
    きてるみたいです。



    堀之内里山保全地域指定地にしていきました。
    堀之内里山保全地域指定地にしていきました。


    今朝こんなことを恵泉女子大学の先生に書いていました。



    多摩ニュータウン開発で八王子市の隣接地の多くは
    不動産会社の開発計画もいっぱいありました。
    ニュータウン計画から外れた地権者はニュータウン開発で
    土地が売れるようにと望んでいる人は多かったです。
    そのような状況の中で、京王堀之内駅と平山城址公園駅の間の
    多摩丘陵は京王沿線の丘陵地開発同様に
    山肌に住宅を作る開発が不動産会社で計画されていました。
    その丘陵地には酪農家の存続のために
    多摩ニュータウン開発から除外するための場所でもありました。
    丘陵地の山林の多くは堀之内の共有地です。
    酪農家の数軒は不動産会社と共有する中で
    開発を拒みました。
    そして、父と近所の方と調整区域の山林を売りたい人を考えて
    大学誘致にすることにしました。
    不動産会社が開発であらゆる小さな筆の山林も買っていた
    ど真ん中に東京薬科大学を誘致して売りたい人には
    大学に売ってもらい、丘陵地のむやみな住宅開発を阻止しました。
    その大学の隣接緑地を大学で維持してもらうこともでき、
    それ以外のところは都立長沼公園や、
    自分が運動してきた東京都環境局による
    堀之内里山保全地域指定地にしていきました。


      


  • 2017年08月15日

    言葉を発するためにはどう生きていくかが大事だなと思うのです。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    初雪かずら
    初雪かずら
    http://www.nihonflower.com/



    花言葉 化粧、素敵になって。




    写真で見る限り見たことないかな。
    山に雪の雪渓を思い出しました。
    夏の山でも高所にのころ雪渓です。
    若いころ山形県小国から登り始め、
    飯豊連峰の信仰の飯豊山から
    福島県喜多方に下りる
    縦走を思い出します。



    言葉を発するためにはどう生きていくかが大事なと思うのです。
    言葉を発するためにはどう生きていくかが大事なと思うのです。


    今朝、こんなことを書いていました。

    父はシベリア抑留でした。
    俺にはあまり語ってくれませんでした。
    そして、代々続いていた牛飼いを
    多摩丘陵の中で地域の産業として
    先頭に立っていました。
    そこに、多摩ニュータウン開発の国策の網掛けが
    強制的な開発が始まりました。
    父は自分たちの地域は自分たちで
    生きていくとリーダーになっていました。
    自分は自分たちの地域は自分たちで
    育てる生き方をすべきと思う。
    自立することが大事だと思っています。
    戦争は絶対にいやです。
    その言葉を発するためにはどう生きていくかが
    大事なと思うのです。
    自立した生き方をすることで
    地域が豊かになり、
    町が豊かになり、
    国が豊かになるんだろうと思う。
    自立して豊かになれば
    きっといいと思う。  


  • Posted by おっさん2 at 14:32Comments(0)地域市民活動町づくり生活暮らし

    2017年08月14日

    ユギムラは若い人ばかりです。 人がかかわる場が基本だ。

    おはようございます。


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    キウイ
    キウイ
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 ひょうきん



    俺も中国原産と知ってびっくりです。
    和名が、「支那猿梨(シナサルナシ)」この辺か
    ら来てるのかな。
    キウイはうちの庭と農業体験農園の畑に
    植えてあります。
    毎朝、うちのじゃないけどゴールドを
    食べています。



    八王子市初の市民太陽光発電を 導きました。
    八王子市初の市民太陽光発電を導きました。


    今朝、こんなことを書いていました。

    高齢化社会の中で、多くの取り組みに
    若い人がいないのが現実です。
    里山、町づくりの会合に出かけても
    60歳以上の人たちばかりです。
    集まる場の違いもあるかもしれませんが、、
    ユギムラは若い人ばかりです。
    人がかかわる場を作るというのが
    基本のように思います。
    若い人達が活き活きすることで
    地域の明るさを創り出すことが大事かなって感じます。
    うちの牧場に八王子市初の市民太陽光発電を
    導きました。
    ただ、発電することだけではありません、
    それをするために人の輪ができていくのを
    感じていました。
    それに取り組む若い人達の実績が
    次のエネルギーになっていくことが
    町づくりへの一歩のように思う。  


  • 2017年08月13日

    村八分になったけど、 時代が変わって俺を応援してくれました。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    メランポジウム
    メランポジウム
    http://www.nihonflower.com/







    花言葉 元気、あなたはかわいい、小さな親切。




    何かどこかで見てます。
    でも、、この花の花言葉とおり、、
    可愛いですね。




    (写真は由木中央市民センターのレリーフ 左端 等身大の自分)
    (写真は由木中央市民センターのレリーフ 左端 等身大の自分)


    昨日も、10年以上前からいいつづけてることを書いていました。
    自分の意見を言い続けるって勇気がいりますね。
    自分の生き方を言い続けてきました。
    俺は酪農を続けたいから
    農業環境を守りたいから
    自然保護をしていきたい、
    だから、多摩丘陵にお墓を作りたくないと
    主張したら「村八分」になりました。
    お前、自分の相続はどうするんだ!!と
    言われました。
    村社会の中で孤立しました。
    でも、お墓造成に反対しました。
    村八分になったけど、、
    時代が変わって時代が俺を
    応援してくれるようになりました。
    今、若い人達が応援してくれるようになりました。
    そこまで来るのに20年は必要でした。
      


  • 2017年08月11日

    八王子で画期的な自然エネルギーの取り組みが始まりました。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ルドベキア・タカオ
    ルドベキア・タカオ
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 「正義」「公平」「あなたを見つめる」




    ルドベキアは、学名「Rudbeckia(ルドベキア)」は、
    スウェーデンの植物学者カール・フォン・リンネ(1707~1778)が、
    植物学者でウプサラ大学での植物学の師である
    オロフ・ルドベック(Olof Rudbeck, 1660~1740)と
    その父(スウェーデンの科学者でウプサラ大学の学長も務める。
    父子は同名)を讃えて命名したそうです。



    八王子で画期的な自然エネルギーの取り組みが始まりました。
    八王子で画期的な自然エネルギーの取り組みが始まりました。



    今朝こんなことを書いていました。
    出会いで八王子で画期的な自然エネルギーの
    取り組みが始まりました。


    生活者ネットワークは自然保護でかかわるようになりました。
    かなり前からです。
    最初は、町田市にできた畑に取り組む「耕す」という
    取り組みを八王子のネットの方たちが視察に行き、
    その町田市の帰りがけに牧場に寄ってくれた記憶があります。
    その後、不法残土の現地視察で案内していました。
    その頃の議員さんとは、会派の議員控室の部屋に
    自然保護や霊園造成反対請願で取り組んでくれていた
    社民の井上 睦子 (むつ子井上)さんと同じ部屋ということで
    知るようになっていきました。
    俺、癌治療で入院退院後に酪農をやめていたので、
    体力回復後に八王子市内の知的障害の入所施設の
    農業指導のお手伝いのパートに出かけていました。
    そこに話したことのないバイクに颯爽と通勤する
    女性がいるのは知っていました。
    なんか、、市議会議員に立候補するそうだと
    聞いていました。
    その後、八王子障害者団体連絡協議会の総会で
    劇的出会いの田中 拓哉 (拓哉田中)さんとの出会いがありました。
    最初はふくはちの食材集めのお手伝いをしていました。
    その後、八王子協同エネルギーに発展していく中で、
    そのネット市議の鳴海 有理 (Yuri Narumi)さんも参加してる中で
    ネットとのかかわりは続いていますね。

      


  • 2017年08月10日

    障害を持った親子と 自分の生活と共に暮らす生き方をしてきました。

    おはようございます。


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    芙蓉(フヨウ)
    芙蓉(フヨウ)
    http://www.nihonflower.com/



    花言葉 「繊細な美」「しとやかな恋人」



    どこかで見ています。
    美女の形容としても多用された表現であり、
    「芙蓉峰」は富士山の呼び方だそうです。


    自分の生活と共に暮らす生き方をしてきました。
    自分の生活と共に暮らす生き方をしてきました。


    今朝、こんなことを書いていました。
    俺、移住ということは一切考えたことないです。
    家の仕事を受け継いできました。
    でも、それだけでいいのという気持ちは常にありました。
    当たり前のように土地が売られ、
    住んでいる町が削られていくのを見ていると、
    それは違うんじゃないかと思うようになっていきました。
    今のままでいいじゃんという気持ちを持ち続け、
    世の中は当たり前のように開発していきましたが、
    自分の生き方を続けて生きたいという気持ちが
    常にありました。
    それを言い続けるには自分が自立して
    言い続けることが必要でした。
    それには、そのための運動をしていかなければ
    いけませんでした。
    そんな人たちと共に暮らすでした。
    多くの人と出会う中で、自然保護や、
    障害を持った親子との出会いの中で
    自分の生活と共に暮らす生き方をしてきました。
    これも地域の創成のようにやってきたことを
    最近感じます。