たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2017年08月23日

鈴木さんがしゃべってるのを 見たことあります

おはようございます。



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪



シコンノボタン
シコンノボタン
http://www.nihonflower.com/




花言葉 「自然」「平静」「謙虚な輝き」「ひたむきな愛情」






まったく知りません。
地球の反対側で育っていたんですね。




FIOとユギムラ牧場は知ってるのこと
FIOとユギムラ牧場は知ってるのこと



昨夜、パソコンを開いて
メールチェックしていたら
知らない人から来ていた。
八王子市内のある学術研究会の方からだった。
「八王子の農業と里山に学ぶ」というテーマで
視察をしたいとメールが来た。
ある市議の紹介みたいです。
そして、今朝になって携帯に
かけてきてくれた。
FIOとユギムラ牧場は知ってるのことと、
俺のブログをプロフィール画像を
見て鈴木さんがしゃべってるのを
見たことありますと
言われていました。
今週の土曜日にユギムラ牧場に
下見に来てくれることになりました。



  


  • Posted by おっさん2 at 11:16Comments(0)農業市民活動FIO里山ブログ

    2017年08月16日

    今朝こんなことを恵泉女子大学の先生に書いていました。(Facebook)

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ゼラニウム
    ゼラニウム
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 「尊敬」「信頼」「真の友情」




    学名「Pelargonium(ペラルゴニウム)」は、
    ギリシア語の「pelargo(コウノトリ)」が語源で、
    花後の種子に突起があり、
    コウノトリのくちばしに似ていることから
    きてるみたいです。



    堀之内里山保全地域指定地にしていきました。
    堀之内里山保全地域指定地にしていきました。


    今朝こんなことを恵泉女子大学の先生に書いていました。



    多摩ニュータウン開発で八王子市の隣接地の多くは
    不動産会社の開発計画もいっぱいありました。
    ニュータウン計画から外れた地権者はニュータウン開発で
    土地が売れるようにと望んでいる人は多かったです。
    そのような状況の中で、京王堀之内駅と平山城址公園駅の間の
    多摩丘陵は京王沿線の丘陵地開発同様に
    山肌に住宅を作る開発が不動産会社で計画されていました。
    その丘陵地には酪農家の存続のために
    多摩ニュータウン開発から除外するための場所でもありました。
    丘陵地の山林の多くは堀之内の共有地です。
    酪農家の数軒は不動産会社と共有する中で
    開発を拒みました。
    そして、父と近所の方と調整区域の山林を売りたい人を考えて
    大学誘致にすることにしました。
    不動産会社が開発であらゆる小さな筆の山林も買っていた
    ど真ん中に東京薬科大学を誘致して売りたい人には
    大学に売ってもらい、丘陵地のむやみな住宅開発を阻止しました。
    その大学の隣接緑地を大学で維持してもらうこともでき、
    それ以外のところは都立長沼公園や、
    自分が運動してきた東京都環境局による
    堀之内里山保全地域指定地にしていきました。


      


  • 2017年08月14日

    ユギムラは若い人ばかりです。 人がかかわる場が基本だ。

    おはようございます。


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    キウイ
    キウイ
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 ひょうきん



    俺も中国原産と知ってびっくりです。
    和名が、「支那猿梨(シナサルナシ)」この辺か
    ら来てるのかな。
    キウイはうちの庭と農業体験農園の畑に
    植えてあります。
    毎朝、うちのじゃないけどゴールドを
    食べています。



    八王子市初の市民太陽光発電を 導きました。
    八王子市初の市民太陽光発電を導きました。


    今朝、こんなことを書いていました。

    高齢化社会の中で、多くの取り組みに
    若い人がいないのが現実です。
    里山、町づくりの会合に出かけても
    60歳以上の人たちばかりです。
    集まる場の違いもあるかもしれませんが、、
    ユギムラは若い人ばかりです。
    人がかかわる場を作るというのが
    基本のように思います。
    若い人達が活き活きすることで
    地域の明るさを創り出すことが大事かなって感じます。
    うちの牧場に八王子市初の市民太陽光発電を
    導きました。
    ただ、発電することだけではありません、
    それをするために人の輪ができていくのを
    感じていました。
    それに取り組む若い人達の実績が
    次のエネルギーになっていくことが
    町づくりへの一歩のように思う。  


  • 2017年08月13日

    村八分になったけど、 時代が変わって俺を応援してくれました。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    メランポジウム
    メランポジウム
    http://www.nihonflower.com/







    花言葉 元気、あなたはかわいい、小さな親切。




    何かどこかで見てます。
    でも、、この花の花言葉とおり、、
    可愛いですね。




    (写真は由木中央市民センターのレリーフ 左端 等身大の自分)
    (写真は由木中央市民センターのレリーフ 左端 等身大の自分)


    昨日も、10年以上前からいいつづけてることを書いていました。
    自分の意見を言い続けるって勇気がいりますね。
    自分の生き方を言い続けてきました。
    俺は酪農を続けたいから
    農業環境を守りたいから
    自然保護をしていきたい、
    だから、多摩丘陵にお墓を作りたくないと
    主張したら「村八分」になりました。
    お前、自分の相続はどうするんだ!!と
    言われました。
    村社会の中で孤立しました。
    でも、お墓造成に反対しました。
    村八分になったけど、、
    時代が変わって時代が俺を
    応援してくれるようになりました。
    今、若い人達が応援してくれるようになりました。
    そこまで来るのに20年は必要でした。
      


  • 2017年08月10日

    障害を持った親子と 自分の生活と共に暮らす生き方をしてきました。

    おはようございます。


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    芙蓉(フヨウ)
    芙蓉(フヨウ)
    http://www.nihonflower.com/



    花言葉 「繊細な美」「しとやかな恋人」



    どこかで見ています。
    美女の形容としても多用された表現であり、
    「芙蓉峰」は富士山の呼び方だそうです。


    自分の生活と共に暮らす生き方をしてきました。
    自分の生活と共に暮らす生き方をしてきました。


    今朝、こんなことを書いていました。
    俺、移住ということは一切考えたことないです。
    家の仕事を受け継いできました。
    でも、それだけでいいのという気持ちは常にありました。
    当たり前のように土地が売られ、
    住んでいる町が削られていくのを見ていると、
    それは違うんじゃないかと思うようになっていきました。
    今のままでいいじゃんという気持ちを持ち続け、
    世の中は当たり前のように開発していきましたが、
    自分の生き方を続けて生きたいという気持ちが
    常にありました。
    それを言い続けるには自分が自立して
    言い続けることが必要でした。
    それには、そのための運動をしていかなければ
    いけませんでした。
    そんな人たちと共に暮らすでした。
    多くの人と出会う中で、自然保護や、
    障害を持った親子との出会いの中で
    自分の生活と共に暮らす生き方をしてきました。
    これも地域の創成のようにやってきたことを
    最近感じます。  


  • 2017年08月08日

    里山保全への道のりを20年以上の時間が八王子をかえてきました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    スプレー菊
    スプレー菊
    http://www.nihonflower.com/







    花言葉 逆境の中で元気・清らかな愛・高潔・私はあなたを愛する・謙遜





    黄色の菊はないけど、、
    赤っぽい色の菊は自生しています。
    庭のあちこちで咲きます。



    20年以上の時間が八王子をかえてきました。
    20年以上の時間が八王子をかえてきました。



    今朝、こんなことを書いていました。
    昨年、10月8日に亡くなった母の相続手続きを無事に、
    昨日、税務署に提出したと公認会計士さんから
    連絡をもらいました。
    母の土地に福祉施設がありましたが、
    これからも継続できるものとして相続しました。
    きょう、8月8日が最終期限でした。

    もう一つ書いていました。
    ある市議会議員とやってきたことです。
    FBは短いですが、、八王子の自然保護の取り組みや
    墓地造成への考え方を意見してきたことで
    里山保全への道のりを作ってきました。
    20年以上の時間が八王子をかえてきました。  


  • Posted by おっさん2 at 21:51Comments(0)自然市民活動障がい福祉生活里山暮らし

    2017年08月05日

    心の健全さはとても素晴らしい人との出会い、人を育てる環境の場

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    月見草
    月見草
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 「無言の愛情」「移り気」



    夕方になると咲いて、、
    翌朝にはしぼんでしまう。
    植物の夜行性みたいな感じですね。



    昨日、ここで書いていたことが、
    たまりばブログサイトで人気記事で
    1位になちゃいました。
    びっくりです。

    今朝はこんなことを書いていました。



    心の健全さはとても素晴らしい人との出会い、人を育てる環境の場
    心の健全さはとても素晴らしい人との出会い、人を育てる環境の場



    他で書きました。

    おはようございます。
    書き込みありがとうございます。
    考え方はいろいろあっていいと思っています。
    ただ、、経験の上での話です。
    動物は土の上が最高の環境です。
    都市近郊酪農は舎内飼いをしてきたために
    病気が発病しやすくなります。
    その環境から土の上に戻すことで
    健康を取り戻すことができるのは
    40年の経験からの話です。
    豚も同様です。
    そして、農業に携わって土をいじることで
    自然との大きく言えば国土保全に繋がるものと
    感じています。
    今、ユギムラ牧場で若い農業者や、
    里山保全に取り組む若い人達を見ていて
    心の健全さはとても素晴らしい人との出会い、
    そして、人を育てる環境の場になってることに
    感謝しています。
    ありがとうございます。  


  • Posted by おっさん2 at 08:14Comments(0)農業自然生活里山ブログ暮らし仲間

    2017年08月04日

    東海大学八王子病院の血液内科の先生から 「帰ったら死ぬよ」

    おはようございます。




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    オミナエシ
    オミナエシ
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 「美人」「はかない恋」「親切」



    花の名前は聞いたことあります。
    でも、、どこかで見ているのかな?
    なんか、、日本的な花の名前ですね。




    4代目の酪農家がやってきたこと。
    4代目の酪農家がやってきたこと。



    今朝は、、自分が2年前に
    書いていたことをじっくりと
    読んでいました。
    阿部さんのFBフレンドでもある
    大熊 麻子 (Asako Ohkuma)さんからの
    「こころとからだの平和のバトン」3日目の書き込みです。
    長文です。



    4代目の酪農家がやってきたこと。
    父が自由に動けなくなった頃に多摩丘陵で
    山の頂上に墓地造成の話しが出てきました。
    我が家の畑の横でした。
    自然をこわしてお墓をつくる。
    反対請願を自分が筆頭になってやりました。
    「村八分」になりました。
    その時の東京都環境局の職員さんから
    「トラスト」を作って自然保護をやろうと言われていました。
    牛の仕事しながらそんな知床のようなことをできるわけないよ。
    それを言った人は現トトロのふるさと基金の事務局長さんです。
    身近に父が誘致していた「かたくりの家」が畑にありました。
    父が2002年に亡くなり、
    即、無認可の福祉施設を社会福祉法人の施設にしようと声を張り上げ、
    3年で法人設立しました。
    その頃からというもの「人との出会い」を大事にしてきました。
    多摩ニュータウン学会の第1回研究発表大会で研究発表で
    NPOフィージョン長池の富永さんと
    知り合い、人との出会いの大切さの連続でした。
    俺、多摩市で始まったコミュニティFMの
    エフエム多摩に15年間メッセージを送り続けました。
    「堀之内寺沢里山公園」をURと取り組みました。
    牛の仕事以外のことも多く、
    体をこわしました。
    大学病院をたらいまわしされていました。
    最後にたどりついた東海大学八王子病院の血液内科の先生から
    「帰ったら死ぬよ」と言われ
    牛の仕事をやめることになりました。
    開業医の先生も知らない「原発性マクログロブリン血症」という
    免疫が弱い病気です。
    4人部屋で1か月間に3人の方が亡くなっていました。
    病院の中から東京都環境局に長電話して
    東京都で民意では第1号の里山保全地域指定にすることができました。
    8か月間の入院生活でした。
    俺、その後は人との出会いを大切にする生活でした。
    そして、その出会いの中に若い八王子生まれの舩木さんと出会い、
    自分のやってきた人との出会いを紹介しながら、
    ユギムラ牧場で八王子の地から情報発信しています。


    大熊 麻子さんからの「こころとからだの平和のバトン」を
    紹介され、今また、自分が今あるのもの
    多くの人の支え合っての自分であることを
    知ることができました。
    ありがとうございます。



    https://www.facebook.com/ossan.suzuki/posts/711951462244448?pnref=story  


  • Posted by おっさん2 at 11:50Comments(0)自然医療町づくり生活里山ブログ多摩ニュータウン

    2017年08月01日

    本当に地域で生きてきた 父ということを感じる時間でした。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    ピンクッション
    ピンクッション
    http://www.nihonflower.com/



    花言葉 「どこでも成功を」






    南アフリカからくるんですね。
    日本への直行便貨物ってあるのかな。



    父と元波多野八王子市長とかたくりの家で
    父と元波多野八王子市長とかたくりの家で



    昨夕は、元近所のおじさんの
    通夜に出かけていました。
    そのおじさんも元酪農家でしたが、
    多摩ニュータウン開発に
    賛成の方で開発で家は移転していました。
    その家族はとても開発で
    「どこでも成功」していました。
    どうしても、葬儀の人の顔を見比べていました。
    15年前の父の葬儀に来てくれていた人は
    多彩で街づくりにかかわる多くの人でした。
    本当に地域で生きてきた
    父ということを感じる時間でした。


      


  • Posted by おっさん2 at 13:10Comments(0)地域農業自然歴史町づくり里山多摩ニュータウン

    2017年07月04日

    まだ、あきらめていません。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    アスター
    アスター
    http://hanayakaigyo.com/




    花言葉 「変化」「追憶」「同感」「信じる恋」





    この花の名前はよく聞きます。
    でも、身近にはないですね。
    検索のトップは銀座ですね・・・ですね。




    明星大学の学生が 里山研究
    明星大学の学生が里山研究




    昨日は、母の相続のために
    多摩センターや市役所へ出かけていました。
    時間がかかります。
    手続きが面倒くさいなぁ。



    今朝、こんなことを書いていました。
     こんなことがありました。
    明星大学のグランド横に
    うちの山があります。
    俺、山を明星大学に寄付するために
    多摩信用金庫の税務相談に
    行きました。
    相手は税理士さんでした。
    その方はびっくりしていました。
    その方は明星大学の大学の学校法人の
    理事さんでした。
    理事会までたどり着きましたが
    残念ながら寄付を受けることは
    できませんでした。
    震災が理由でした。
    いわき校のために新規事業を
    進めることができないと
    タイミングが悪かったです。
    今、その山に明星大学の学生が
    里山研究ということで
    かかわってもらっています。
    その論文が楽しみです。

    まだ、あきらめていません。  


  • Posted by おっさん2 at 09:05Comments(0)自然大学市民活動里山ブログ