たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2017年10月21日

満足はしていないよ。 人に伝えるってどういうことだろう。

おはようございます。



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪




バコバ
バコバ
http://www.nihonflower.com/





花言葉 小さな強さ・忘れられた恋人・心がなごむ・見守る心




まったく知りません。
ステラとはイタリア語で星という意味です。
いっぱいの花びらが星ですね。




きょう、こんなことを書いていました。
八王子の大御所の二人から
本を書くべきだと言われていました。



上位(ブログ)になることで満足はしていないよ。
上位(ブログ)になることで満足はしていないよ。



上位(ブログ)になることで満足はしていないよ。
人に伝えるってどういうことだろう。
書くことは誰でもできる。
でも、書くことで自己満足していません。
自分が40年近くいろんなことをやってきたことを
踏まえながら、、
今、何を思うかを頭の中に思い浮かべながら、、
今、自分の周りでうごめいていることを見ながら、
人はどんなことを目指しているか、
俺がやってきたことの中で、
こんなことをしたらきっと一生懸命頑張ってる身近な人、
ネットで俺を見てくれてる人に
良い動機のきっかけになるんじゃないかなって書いていると、、
見てくれて「ありがとう」っていう
気持ちになります。



  


  • 2017年10月18日

    35000個のキャンドルの由木地区は素晴らしい。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    ノースポール
    ノースポール
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 「誠実」「冬の足音」「高潔」




    花開くと白い大地を連想させることからくる見たいです。
    この花の名前はサカタの商品名のようです。



    35000個のキャンドル
    35000個のキャンドル


    きょうは緑化フェアの八王子市東部の
    ご苦労さん会でした。
    35000個のキャンドルの
    設置ボランティアに参加してくれたので
    大学生がいっぱい来てくれていました。
    全部で13企画ぐらいあったそうです。
    八王子市職員も来てくれていて、
    市民パワーにはとても感謝していたそうです。
    由木地区には15年以上の下積みが
    あったことを思い返していました。

    由木地区は素晴らしい。  


  • 2017年10月17日

    砂利道で多摩動物園横を通って じいちゃんに連れられ歩いていきました。

    こんにちは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    オキザリス・バーシーカラー
    オキザリス・バーシーカラー
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 輝く心・母親の優しさ・喜び・決してあなたを捨てません・輝煌




    写真のつぼみが咲き始めると
    賑やかそうですね。
    身近にはないかな。
    いい感じの花言葉だね。





    今朝。こんなことを書いていました。
    ここで思うことは八王子市由木地区は
    市の中心市街地に依存することもなく
    生活できるので独特の文化が
    生まれると思う。


    鑓水の絹の商人も八王子と横浜。
    鑓水の絹の商人も八王子と横浜。



    昔の由木村の経済は八王子でした。
    由木の経済を潤した養蚕は絶対です。
    シルクロードと言われる絹の道で
    鑓水の絹の商人も八王子と横浜。
    自分の仕事も養蚕をうわまる
    現金収入になる酪農も八王子です。
    忘れられたかもしれませんが、
    由木村の村長をしたこともある
    井草家が八王子の子安町に牛乳工場を作りました。
    日本の3大メイカーの流れの中で、
    その後、明治乳業の工場になっていきました。
    自分が小学校の頃はすでに明治乳業になっています。
    今の子安町のカネカの西側のマンションのところです。
    その時代以前には八王子の町の人糞も
    由木に運ばれていました。
    日野町との経済をなすための道路はありません。
    昔は人が通れる山道はいくつもありましたが、
    野猿街道を東にいき、川崎街道から
    高幡不動に行くしかありません。
    俺の祖母は日野の万願寺ですが、
    山道の砂利道で多摩動物園横を通って
    じいちゃんに連れられ歩いていきました。

    (写真は鑓水の絹の道資料館)  


  • Posted by おっさん2 at 14:49Comments(0)地域政治町づくり生活ブログ多摩ニュータウン

    2017年10月13日

    話していることで 自分の未来への希望が新たに見えてきます。

    おはようございます。


    コロ君と日本探訪
    コロ君と日本探訪




    ストック
    ストック
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 「永遠の美」「愛情の絆」「求愛」




    身近では見てないかな。
    紹介されていた言い伝えがありました。
    認められないお姫様の恋で、
    ロープが切れて姫は亡くなってしまいます。
    それを哀れんだ神様が姫を
    ストックの花に変えたといいます。
    そんなイメージがわく花なんですね。


    堀之内里山保全地を散策 八王子協同エネルギーの皆さんと
    堀之内里山保全地を散策 八王子協同エネルギーの皆さんと


    昨日は、病院から帰ると
    明星大学の学生さんが二人来ていました。
    これから町づくりについての研究に
    かかわることになりました。
    彼らに逆に質問してることが多かったです。
    町はどのようにして変貌していき、
    そこに住む人のかかわりがあって
    どう暮らしていくかで、、
    町と自分の生活とのかかわりが
    あることを伝えていました。
    学生さんと2時間はしゃべっていて
    喉が枯れていましたが、
    自分が話していることで
    自分の未来への希望が新たに
    見えてきます。

    (昨年 後列の真ん中の学生さんと一緒に堀之内里山保全地を散策 八王子協同エネルギーの皆さんと)


      


  • Posted by おっさん2 at 08:10Comments(0)大学町づくり生活里山暮らし多摩ニュータウン

    2017年10月04日

    取り組みが八王子の市民の取り組みで広がるといいですね。

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    コトネアスター
    コトネアスター
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 変わらぬ愛情・童心・安定





    名前は知らないけど、、
    どこかで見てそうな木ですね。
    飾りにこの実と枝で飾るものってありませんか?




    八王子の市民の取り組みで 広がるといいですね。
    八王子の市民の取り組みで広がるといいですね。



    今朝、facebookの八王子のコミュニティに
    書き込んでいました。
    この緑化フェアで皆さんが思う。
    市民の公園は市民の集いの場に
    したいというのは大賛成です。
    しかし、今回の市の取り組みを見ていても、、
    お金をかけることはできても
    市民と取り組む指導力はほとんど期待できないのが、
    今回の事業で見え見えになったと感じています。
    その中で、自分が住む由木地区の取り組みは
    素晴らしいと感じています。
    南大沢文化会館にジブリの高畑映画監督さんが
    体調がすぐれないのにもかかわらず来てくれました。
    ただの市からの依頼では絶対に来る人ではありません。
    そこには高畑勲さんとは17年以上の
    由木地区の市民とのかかわりが実現させたのです。
    そして、高月町の田んぼでアートも
    由木地区の田んぼで20年近く
    東京薬科大学の学生が里山活動していて、
    2年間の協力があったから実現しました。
    そんな取り組みが八王子の市民の取り組みで
    広がるといいですね。
    今の市行政では指導力はありません。




      


  • 2017年10月01日

    老木の柿の実が成り年で いっぱい実がついてきた光景です。

    こんにちは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    チェッカーベリー
    チェッカーベリー
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 『明日の幸福』『不老長寿』




    赤い実がなるんですね。
    実といえば老木の柿の実が成り年で
    いっぱい実がついてきた光景です。


    里山公園を実現させた
    里山公園を実現させた



    きょうは、、朝からゆっくりしています。
    昨日の母の一周忌が終わったので
    ホッとしています。
    昨夜のfacebookの書き込みで
    八王子市の緑化フェアの陸上競技場の祭典終了後も
    継続してほしいという話が話題になっていました。
    こんなことを書いていました。

    〇同感です。多摩ニュータウンの公園で
    里山公園を実現させたときに
    やはり、市民がかかわれる取り組みを
    必死に意見して実現させたことありましたが、、
    10年近くかかりました。
    用地確保からですが、、、


    もう一つ、、
    〇 2年前に緑化フェアのことで
    環境政策課長に人を育てて欲しいと言っていました。
    しかし、その取り組みを聞いたことがありません。
    俺の知る限りです。
    公園緑地には管理の取り組みとして
    里親制度があります。それとか、
    指定管理者の取り組みもあります。
    そのような活用によって
    管理費の節減することや、
    企業誘致(飲食などの誘致、公園法が
    改革していくことで可能になりそうです、保育園も)
    そのようなことで市民レベルの取り組みが
    行なえれば可能と感じます。
    しかし、そのような取り組みを
    市職員から聞いたことはないです。
    俺、見ないうちに終りそうです。




    10年近い意見を言い続けてると、
    市やUR都市機構にいる人や
    内部支援してくれる人とかかわれてきます。
    思い付きではありません。
    里山公園や社会福祉法人創設も同じことです。
    それをやってきたことで
    自分の住む町をデザインしてきました。







      


  • 2017年09月20日

    母の支えがあったことを 、今、とても再認識

    こんにちは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ローズリーフセージ
    ローズリーフセージ
    http://www.nihonflower.com/


    花言葉 燃える愛、家庭の徳




    花の名は、ラテン語のsalveo(健康)、
    salvare(治療)で、薬用になるものが
    多いそうです。(サルビア)




    母の支えがあったことを、今、とても再認識
    母の支えがあったことを、今、とても再認識"


    今朝こんなことを書いていました。

    『母親の"いのち"を輝かせる』について、、
    多摩ニュータウン開発で
    父が政治的、市民活動的の活躍で
    活躍できたのは母の支えがあったことを
    、今、とても再認識しています。
    母が家を支えてなければ
    今の堀之内寺沢がなかったことです。
    今月30日に一周忌の準備に
    追われています。





      


  • Posted by おっさん2 at 15:38Comments(0)地域町づくりブログ暮らし多摩ニュータウン

    2017年09月18日

    まさしく、、平成狸合戦ぽんぽこそのもの

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    ダンギク
    ダンギク
    http://www.nihonflower.com/




    花言葉 忘れ得ぬ思い・悩み





    ほんとうに、段々のダンダンギクなんですね。
    どっかで見てるかな。


    高畑監督の公演は2度目です

    高畑監督の公演は2度目です



    きょうは朝から自然エネルギーに
    取り組むみんなが山で木を切ったり、
    農業体験農園施設の外でたたらに
    取り組んでいました。

    でも、
    昨夜にこんなことを書いていました。

    きょう、ジブリの高畑映画監督が
    南大沢に来てくれました。
    監督の講演会と平成狸合戦ぽんぽこの上映会でした。
    別に八王子市の市制100周年記念事業ですが
    それだけでジブリを呼んだわけではありせんでした。
    多摩ニュータウンに移り住んだ方が自分たちも
    地域の人になるにはこの映画を広めようという
    動きが18年ぐらい前にありました。
    そして、ジブリの平成狸合戦ぽんぽこの原画を
    八王子市で常設展示することができていました。
    そこまでつなげてくれた方が、、
    俺にとっても第2の父だった多摩市唐木田に住んで
    多摩ニュータウンタイムズを発行していた
    故横倉舜三さんでした。
    きょう、高畑さんは横倉さんの話をしていましたが
    名前を忘れてしまったようでした。
    高畑監督の公演は2度目ですが新しい発見がありました。
    地域文化のかかわりを大事にしていこうというのが
    根にあることがわかりました。
    そして、なんども映画を見ていますが、
    俺の父と俺が地域の歴史に刻んできたことは
    まさしく、、平成狸合戦ぽんぽこそのもので
    多摩ニュータウン開発に地元からのメッセージを
    誰にも負けないくらい発信続けたことを
    映画をみていて何度見ても胸に盛り上がるものが
    ありました。
    今回も、高畑監督にかたくりのポンポコクッキーを
    かたくりの利用者からプレゼントして食べてもらいました。
      


  • 2017年09月17日

    農地の宅地並み課税となっていきました。

    おはようございます。




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    カルーナ
    カルーナ
    http://www.nihonflower.com/





    花言葉 『自立』『連理の枝』『旅立ち』『誠実』



    ほうきになると言えば、
    茨城県にある国営ひたち海浜公園の
    コキアの紅葉を思い出しますね。



    ほとんどの農家は開発区域に希望しました。
    ほとんどの農家は開発区域に希望しました。



    今朝は多摩地区のある市の農業委員会会長に
    書いていました。
    竹下総務会長が口火を切って、、
    今朝のニュースでは総理大臣が
    衆院解散を言い出したみたい。
    今、都市農業の法改正が
    見えてきたところなので
    自民党が都市農業の行方を
    先送りする状況になってしまいそうです。

    国の政策も大事で基本です。
    でも、長い歴史の中で農地が成り立っています。
    昭和45年に都市計画法が決まり、
    ほとんどの農家は開発区域に希望しました。
    都市近郊の丘陵地も多くが
    開発区域に編入していました。
    そして50年代になって市街化区域の
    農地の宅地並み課税となっていきました。
    俺、20年前に多摩ニュータウン開発に疑問を持ち、
    この地域にできた地域学会に加わり、
    都市計画の大学の先生や、
    都市計画家などの人たちと
    町づくりについてかかわってきました。
    基本の農地についての法律も大事だけど、
    自分たちの住む町にとって
    農家がどうかかわるかを
    自己発信していくことが大事と考えます。
    そういう意味でも市町村の農業委員会が大事ですが、
    残念ながら八王子市の農業委員会は
    その役目を遂行してるとは
    思えないのが残念です。



      


  • Posted by おっさん2 at 11:41Comments(0)農業自然政治町づくり生活FIO多摩ニュータウン

    2017年08月20日

    自分の中で「多摩の壮士」という 血があったように思います。

    こんにちは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    トネリコ




    花言葉 『威厳』『偉大』『服従』『高潔』『思慮分別』




    トネリコ
    http://www.nihonflower.com/




    たぶん、身近にはないですよね。
    こんなことが書かれていました。
    枝は太く、弾力性があることから、
    木材としてバットやテニスのラケット、
    家具の資材に利用されてきたそうです。
    人って木の性質を見抜き様々なことに
    活用してきたんですね。



    おはようございます。ゴールデンの方ですね。
    おはようございます。ゴールデンの方ですね。


    今朝、同じ犬種のゴールデンレトリバー犬を
    飼ってる方に書き込んでいました。

    おはようございます。ゴールデンの方ですね。
    俺、霊の体験はほとんどありません。
    ただ、地元で生まれ、地元で仕事をし、
    地元で暮らす生き方をしてきました。
    お墓も400年続く多摩丘陵の山の中にあります。
    その多摩丘陵が削られ自分の仕事が追われる生活を
    父の時代から何十年とやってきました。
    そして、父が亡くなり多摩の酪農家4代目の
    100年以上続いた牛飼いを続ける中で
    どう生きていくかを考える中で、
    自分の中で「多摩の壮士」という
    血があったように思います。
    その血筋が自分を湧き出てくれたおかげで
    いろんな取り組みをしてこれたように思うのです。
    自然保護で八王子市初の里山保全地域指定の実現(都では地元初)、
    前例のない障害福祉施設の社会福祉法人の実現、
    八王子市初の新規就農の支援、
    自然エネルギーの市民太陽光発電の実現と、、
    やってこれたのも「多摩の壮士の血筋」なんて
    思っています。