たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2017年11月11日

父が町の人を受け入れる人だった

おはようございます。





コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪





ジュリアン
ジュリアン
http://www.nihonflower.com/





花言葉 「青春のはじまりと悲しみ」「青春の恋」




ジュリアンという名前は知らないけど、、
プリムラなら聞いたことあります。
まだ、、3m近くなった皇帝ダリアが
咲いてくれません。
強風にあおられています。



父が町の人を受け入れる人だった
父が町の人を受け入れる人だった


きょうは、これから由木かたくりの会のお祭り
「フェスタかたかご」にヤギを連れていきます。
30年、障害福祉施設とかかわってきました。
八王子の農家が福祉とかかわるなんて
異例的な存在でした。
父が町の人を受け入れる人だったから
今があります。
八王子の市民みんなが父のように
共生する取り組みをしていたら
もっと素晴らしい町になってるんだろうと
思っています。







  • 同じカテゴリー(暮らし)の記事画像
    日常生活を自分が説明していました。
    10年間点滴で命を支えてもらってる自分です。
    どう町で生きるかを学んできたように思います。
    23歳の時に農業後継者の仲間として出会いました。
    もう、人生が終わったという気持ちもありましたが、 54歳の時です。
    待っていた妻と施設のレストランでランチです。
    同じカテゴリー(暮らし)の記事
     日常生活を自分が説明していました。 (2018-01-20 23:56)
     10年間点滴で命を支えてもらってる自分です。 (2018-01-19 23:00)
     どう町で生きるかを学んできたように思います。 (2018-01-18 23:58)
     23歳の時に農業後継者の仲間として出会いました。 (2018-01-17 23:20)
     もう、人生が終わったという気持ちもありましたが、 54歳の時です。 (2018-01-16 21:59)
     待っていた妻と施設のレストランでランチです。 (2018-01-12 22:14)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    父が町の人を受け入れる人だった
      コメント(0)