たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2020年03月29日

語りつくせない中で、、

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪





ボケ
ボケ




花言葉 「平凡」「早熟」「先駆者」





ボケは、、聞くことはあるけど、、
実際に見たことないです。



語りつくせない中で、、
語りつくせない中で、、



きょうの午後2時に親友でもあり、
盟友でもある地域活動を共にしてきた、
富永一夫さんが牛小屋に来てくれました。
牛小屋で、娘や、ユギムラの若い人たちとも会話した後に、
2時間ほどの楽しい話に夢中になっていました。
富永さんと23年ぐらい前に出会い、
お互いに地域で事業や市民活動をしてきた
20数年間の話は、語りつくせない中で、、
夢中になっていました。






多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






  


  • Posted by おっさん2 at 03:05Comments(0)地域歴史多摩ニュータウン

    2020年03月18日

    鈴木さんに会ったって言っていいよ

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    愛のかんざし
    愛のかんざし





    花言葉 可憐、満足。




    自分の記憶の中では、、見たことないです。




    鈴木さんに会ったって言っていいよ
    鈴木さんに会ったって言っていいよ



    きょうの出来事です。
    きょう、スーパーで買い物していました。
    買い物が終わり、帰ろうとした時です。
    身近な障害福祉施設の利用者さんとすれ違いました。
    4時に福祉事業所から、グループホームに戻るときに、
    スーパーのトイレに寄ってるのは知っていました。
    そこで、交わした言葉は、、
    「なんでここにいるの?」と言ってきます。
    いつもの言葉です。そして、次に出る言葉は、、
    「私の携帯でお父さんに言うもんね」です。
    たま、たま、そのお父さんときょうは電話で
    福祉事業所のことで話はしていたので、、
    俺は、「いいよ、いいよ、お父さんに、
    スーパーで鈴木さんに会ったって言っていいよ」と
    言っていました。
    スーパーそばにできたグループホームを立ち上げる時に、
    新しくできた住民から、グループホームの建築の猛反対を
    2年以上の説明会をしているときに、
    人権侵害的な言葉を発せられていました。
    そんなのが立てば、、地価が下がる、、
    猛反対されていましたが、福祉関係者の努力で、、
    地域社会の中で障害者も暮らせられるようになりました。
    最初は、グループホームと事業所は歩いてはダメとか
    いろいろ言われてきましたが、
    歩ける人は、自分の足で通うようにもなれました。
    福祉事業所が地域の住宅よりも早くできて取り組んでいても、
    地域社会の中で暮らすにも、、
    地域社会に共に暮らすと言うのは多くの方に
    理解してもらうこと簡単ではないです。
    スーパーの中で、「なんでここにいるの・・?」と
    言える社会はずっと先のような気がします。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







      


  • Posted by おっさん2 at 01:02Comments(0)地域障がい福祉生活暮らし

    2020年03月08日

    俺が等身大で立っている自分

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    マーガレット
    マーガレット




    花言葉 「恋占い」「真実の愛」「信頼」






    キク科なんですね。
    女3男1だったので、子供のころ、
    そんなまんが雑誌があったような
    記憶があります。




    俺が等身大で立っている自分
    俺が等身大で立っている自分




    八王子市のホームページに紹介された、
    「八王子の歴史文化 百年の計」について
    書いていました。

    平塚さん、
    こんばんは、由木の鈴木です。
    自分が手掛けたこと、、、
    少しありました。
    由木の歴史は50年、
    俺が小学校3年の時に八王子市に合併しました。
    由木の酪農家の4代目の息子、、、
    先祖は天正時代に八王子城の落人が
    由木に点在した子孫です。
    その流れの中に自分が存在しているんですね。
    100年ではないけど、、、
    八王子市が製作したレリーフに、、
    俺が等身大で立っている自分が
    30年目ぐらいを迎えています。
    うちのものだけが知ってるだけでいいんだけど、、、
    貴重なものの中に自分が立っています。
    ある市施設にあります。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 03:48Comments(0)地域歴史多摩ニュータウン

    2020年03月03日

    25年ぐらい前です。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪






    エニシダ
    エニシダ




    花言葉 「謙遜」「卑下」「清潔」




    魔女が空を飛ぶ時のほうきは、
    エニシダの枝だそうだが、
    原産地のヨーロッパには
    孟宗竹って生えてないのかな?




    25年ぐらい前です。
    25年ぐらい前です。



    きょうは、一日、雨模様でした。こんなことを書いていましした。

    25年ぐらい前です。
    自分の酪農の仕事を地域に位置付けるために、
    東京都の当時の建設局の
    多摩都市整備本部(東京都の多摩ニュータウン開発の本部、
    今はありません)と交渉を重ねている時期でした。
    直接的には多摩ニュータウンで大きな問題だった
    南北道路が一つもないなか、
    堀之内の都道155号線の都市計画道路で、
    我が家の畑を分断するなかで、
    酪農の畜産環境整備に必要な予算を付けるよう
    交渉していました。
    都には、労働経済局の農林部門があるのですが、
    畜産推進という事業があっても、
    町づくりのところまでの役目はありませんでした。
    都市計画道路の交渉の中で、農林予算というよりは、
    町づくり予算として、ユギムラの酪農家の4軒に、
    多摩・島嶼予算で畜産環境整備してきたことを
    思い出しました。
    当時としては、都市計画道の南北道路の整備の
    急務ということもあって、
    東京都の建設局の部長も絡む問題になっていました。

    40歳代の時によくやったなぁと思うこの頃です。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 01:19Comments(0)地域農業歴史町づくり生活多摩ニュータウン

    2020年02月21日

    地域の子供と暮らす若い家族の人たちと、

    こんにちは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    西洋オダマキ
    西洋オダマキ





    花言葉 オダマキ全般の花言葉は「愚か」。
    紫のオダマキの花言葉は「勝利への決意」。
    赤いオダマキの花言葉は「心配して震えている」。






    聞いたことないです。見たこともないです。



    地域の子供と暮らす若い家族の人たちと、
    地域の子供と暮らす若い家族の人たちと、





    昨日は、夕方から
    生涯学習センター(クリエイトホール)そばの
    アミダステーションで気候変動に地域として
    どう取り組むかというテーマで、
    その準備会があったので、
    同じところに行く人の車に同乗させてもらい
    出かけていました。
    もう、夜の運転はしたくないので助かりました。
    少数精鋭の集まりでした。
    俺を含めて10名でしたが、
    中には、岩波書店の編集長さんもいて、
    著名な方に電話をかけ、
    講師依頼しているのには驚いた。
    でも、自分の頭の中は、
    身近にかかわる人、
    身近な行政
    、身近な大学、
    身近な活躍する新規就農者、
    身近な地域の若い子供と
    暮らす家族の人たちと、
    地域で共に歩むことで
    暮らすことを考えていました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






      


  • 2020年02月11日

    要介護5の妻とスーパーに出かけていました

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    スカビオサ
    スカビオサ




    花言葉 「不幸な愛」「私はすべてを失った」




    高原に咲く花らしいんだけど、、
    悲しい花言葉ばかりが出てきます。
    高原に咲く花、、、清々しい気持ちにしておきます。




    要介護5の妻とスーパーに出かけていました
    要介護5の妻とスーパーに出かけていました




    きょうはこんなことを書いていました。

    自分が、、堀之内に父が誘致した
    福祉事業所と共に
    継続的に歩む道を20年前に
    考えていました。
    そのころは、自分の仕事である牛の仕事、
    地域の残土の問題、お墓の問題、、
    もう、手に負えない問題が自分にのしかかっていましたが、
    父が亡くなって、作業所を国の認可を受けた
    法人化に取り組んだり、
    その後、地域環境の中で環境の保全のために、、
    東京都の里山保全地域指定の網掛けに成功していたこと、、
    そこにかかわる人とのかかわりをしていく中で、
    近藤さんや、舩木君や、田中君とも出会いがあり、
    身近な地域でかかわれてきたこと、、
    自分だけが思ってるのかもしれませんが、、
    すごいことやってきたと思うこの頃です。
    きょうも出かけていましたが、、
    要介護5の妻とスーパーに出かけていましたが、、
    俺たちみたいの見たことないです。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 02:28Comments(0)地域自然歴史ブログ介護

    2020年01月27日

    おじさんがやっていた自動車修理工場

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ホソバヒイラギナンテン
    ホソバヒイラギナンテン





    花言葉 優しい暖かさ




    これ、どっかにあります。
    原産地、中国なんだ。



    おじさんがやっていた自動車修理工場
    おじさんがやっていた自動車修理工場



    きょう、近所のおじさんの通夜でした。
    昔、自分の生活エリアの中で、
    おじさんがやっていた
    自動車修理工場はおじさんのとこだけでした。
    昔の中古のダンプで
    堆肥運びしていましたが、
    直し、、直しのダンプを動かして
    仕事していました。
    おじさんがいたから、
    ポンコツのダンプを動かしていました。

    通夜に行く前に、
    明日はやばいかなと思い、
    娘の車のスタッドレスタイヤ交換をして、
    通夜に出かけました。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






      


  • Posted by おっさん2 at 02:53Comments(0)地域歴史生活暮らし

    2020年01月18日

    農家の自主的な利用者への指導契約

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ムルチコーレ
    ムルチコーレ






    花言葉 高潔、誠実、誠実なあなたでいて



    キクの花だなと、、
    わかりますが、、
    名前は初めて聞くような
    名前ですね。







    きょう、、東海大学八王子病院で手術でした。
    手術用の服に着替え、、、
    手術台に寝て、、
    最初の局部麻酔の注射が差し込まれ、、
    少しづつ感覚がなくなっていくのがわかりました。
    執刀医は女性の医師でした。
    先生と、、人生論って感じでした。
    俺、牛の手術の話を先生にしていました。
    先生がビックリしているようでした。
    第四胃変位 の右方変位の開腹手術、、、
    人間とは違う大変な光景を思い出していました。
    そんな話をしていたら、、
    鈴木さん、、終わりましたと教えてもらっていました。




    農家の自主的な利用者への指導契約
    農家の自主的な利用者への指導契約




    きょうはこんなことを二つ、、書いていました。

    農業体験農園は練馬区の大泉学園の
    有志農家が国税庁に農業経営として
    認めさせた取り組みです。
    農地法では農地は自主耕作が大前提です。
    そのやり方として、貸す、借りるではなく、
    農家の自主的な利用者への指導契約で
    耕作する取り組みです。
    なんと、農業体験協会の顧問に
    元八王子市長の波多野さんが頑張ってくれていましたが、
    八王子市はその前向きな取り組みを
    指導することはありませんでした。
    市農業委員会は先進地の視察に行ってるにも
    かかわらずです。
    ・・
    俺、妻が脳疾患で、、要介護5の寝たきり生活で、
    24時間介護生活で暮らしています。
    もう、まるまる3年間やって来ました。
    当事者じゃなきゃ、、わからないこといっぱいあるよ。
    俺、きょう、手術でした。
    移動介助など、、やらなければいけないです。
    トイレは2時間おきぐらい見ていなければいけません。
    デイに行くときは、トイレ、着替え、食事の介助、、
    2時間はかかります。
    そして、帰ってくるときは、
    家に必ずいなければいけません。
    俺がいることで、介護ヘルパーは
    最大30分のヘルパーさんしか頼むことが出来ないのです。
    福祉の会議、病院への点滴を自分はやらなければいけません。
    午前中と午後に時間をあけて
    ヘルパーさんに予約を入れます。
    きょうのような手術や、俺が入院する場合には、、
    妻のショートステイを1カ月前から
    入所施設と調整しながら、、
    きょうは無事終えました。
    その介護の事業所の人材不足は、、
    大変なことになっているのが現実です。
    俺のところに来るケアマネージャーさん
    とても行動力のある人で助かっています。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • 2020年01月17日

    元気そうです。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    アルストロメリア
    アルストロメリア





    花言葉 「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」




    まったく知らない花の名前です。
    インカの百合なんだ。



    元気そうです。
    元気そうです。



    きょうは、忙しかった。
    午前中は、やっていなかった
    愛犬レオ君の糞だし、
    プラスチックのゴミ出しを終え、
    畑でちょっと仕事していたら、、
    近所の武さんから、
    岩岡さんのおじさんが亡くなったと聞き、
    明日は病院なので、
    即、おじさんの家に行き、
    お線香とお悔やみを言って家に戻り、
    息子のいる病院に急行していました。
    元気そうです。
    家に戻り、
    今度は値札のついた
    衣類を持って、妻のショートステイの
    老人健康施設に飛び込んでいました。
    衣類に妻の名前を書いて
    病室のタンスに入れていました。
    老健内で携帯が鳴っていました。
    相手は直接に話したことのない
    元市議の方でした。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 01:07Comments(0)地域愛犬医療生活暮らし

    2020年01月15日

    台所で初めての挑戦でした。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ローダンセマム
    ローダンセマム




    花言葉 「誠実」「永遠の愛」「気丈に」




    原産地のモロッコなんていうと、、
    最果ての地から来たって感じですね。



    台所で初めての挑戦でした。
    台所で初めての挑戦でした。




    きょうは、1月14日、、
    自分の住んでいるところは、
    昔からの行事で14日の夕方に行う、
    どんど焼きをします。
    母がいたころは、繭玉を作ってもらい、
    俺が庭にある樫の木の枝を切り落とし、
    繭玉を枝に刺していました。
    もう、10年以上はやっていませんでした。
    ネットで団子の作り方を調べ、
    スーパーに上新粉を買いに行き、
    台所で初めての挑戦でした。
    昔からずっと、同じ場所で
    どんど焼きをやってるところで、
    めったに話すこともない、
    隣の家の若い息子さん夫婦と話しながら、、
    繭玉をあぶっていました。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!








      


  • Posted by おっさん2 at 02:50Comments(0)地域イベント歴史暮らし