たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2019年11月12日

1千件を超えていました。

こんばんは、




コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪





ジュリアン
ジュリアン





花言葉 永続する愛情・青春の喜びと悲しみ・若き日の躍動と輝き・運命を開く・快活




名前は、よく知る花です。
身近にはないです。



1千件を超えていました。
1千件を超えていました。



きょうは、朝からドコモショップに行くために、
妻の朝食を早めにして、
多摩センターのどこショップに出かけました。
10時の営業開始前に出かけ、、
一番でドコモショップに入室していました。
スマホ携帯が危機状況になっていたので、
機種変更していましたが、、、
スマホのハード的な故障で、、
バックアップできただけでも
ラッキーと言われていました。
電話帳登録件数が
1千件を超えていました。





多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!


  


  • Posted by おっさん2 at 01:58Comments(0)生活暮らし多摩ニュータウン

    2019年10月23日

    未来が見えない中、若い新規就農者との出会い

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    キンカン
    キンカン





    花言葉  思い出  感謝





    キンカンの苗は量販店の園芸コーナーで
    よく見ます。



    未来が見えない中、若い新規就農者との出会い
    未来が見えない中、若い新規就農者との出会い




    きょうは、一日、テレビを見ながらこんなことを書いていました。
    高井 智治 (Tomoharu Takai)さん、
    俺、町づくりでこれから、
    どう、街の歴史を作っていくかを考えると、
    地域社会の中でどう、「共有」していくかが
    ネックのような気がします。
    売る、買う。今の土地活用は誰かに任せるしかない
    志向が強いように思います。
    多くは道路際だとコンビニが多いですが、、
    この時代になると継続性がなくなってきています。
    町づくりの中で、所有者と地域に住む人との
    活用する土地活用が必要と思う。
    自分はドクターストップで酪農業をやめ、
    将来が「ゼロ」になってしまいました。
    未来が見えない中、若い新規就農者との出会い、
    そして、牛小屋の農福連携することの活用で、
    農業貢献ができ、年間固定資産税の継続維持、
    また、日本でもまだ、数百軒しか取り組んでいない
    市民と農作業を楽しみながら農地活用の農業体験農園、
    若い人たちとの自然エネルギーの市民発電事業を
    実践していく素晴らし出来事が
    ユギムラ牧場では実現しています。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • 2019年10月11日

    35歳の自分のレリーフです。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    アメジストセージ
    アメジストセージ





    花言葉 『家族愛』『家庭的』






    見たことあるけど、、
    身近にはないです。



    35歳の自分のレリーフです。
    35歳の自分のレリーフです。



    きょうは、午後から明星大学学生の
    2年生が二人が来ていました。
    地域のコミュニティがテーマでしたが、
    自分なりの話をしていました。
    いろんな話をしていく中で、
    都市計画法とか、
    社会福祉法人というような、、
    一つ一つ、どういうものかを
    説明していかないと
    話が進まない感じです。
    でも、ひとつ、ひとつ説明していくことで
    自分の生きてきた道を回帰していました。
    夕方から、市の事務所で
    弁護士さんに会っていました。
    写真は35歳の自分のレリーフです。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!



      


  • Posted by おっさん2 at 04:58Comments(0)地域大学歴史多摩ニュータウン教育

    2019年10月06日

    障害福祉事業所が皆無でした。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    秋明菊
    秋明菊





    花言葉 「薄れゆく愛」「忍耐」





    この花はないけど、、
    真っ白な白いコスモスが
    真っ盛りに咲いています。


    障害福祉事業所が皆無でした。
    障害福祉事業所が皆無でした。




    きょうは、阿部さんもFB友の農林省の委員されてる人のところに書き込みしていました。

    30数年前に、多摩ニュータウン地域に
    障害福祉事業所が皆無でした。
    八王子市は手を差し伸べることもしませんでした。
    その時、父は俺の畑に作ってやるでした。
    都市計画ができた以降だったので、
    自分の土地はすべて市街化調整区域で
    開発行為ができない農業地帯でも、
    父は多摩ニュータウン開発に反対してきた交渉力で、
    八王子市、東京都を認めさせ、
    東京都から500万円の資金を出してもらい、
    農作業主体の、まさに農福連携の障害者の福祉事業所を
    立ち上げてきました。
    30年前はとても地域社会に受け入れられない社会で、
    いろんな問題が起きると、
    父や自分に問題が降りかかってきました。
    しかし、その経験はとても今の自分が社会に
    理解してもらう説得力を付けさせてもらっています。
    父が亡くなって、自分がどう障害福祉施設とかかわるか、
    相続で悩みました。
    相続は10カ月以内に処理しなければいけません。
    当時、自立支援法が始まる時期でした。
    いろんな、NPO法人や、法人格を考えたときに、
    社会福祉法人を目指しました。
    当然、相続で、宅地を増やした中で、賭けに出ました。
    10年近くかかる取り組みと、、
    東京都社会福祉協議会法人担当に言われていましたが、
    坂口厚生労働大臣時代に丸3年で法人認可を勝ち取りました。
    今は、農作業だけでなく、いろんな事業所があり、
    100名近い知的障害者の通う八王子市の中でも
    素晴らしい事業所になってきました。
    農福連携から地域の支えあう施設になっています。
    30年を振り返り、地域社会の中で地域住民と
    共有する地域でなければ、
    農福連携の取り組みは実現しないと考えています。


    写真は30年前に東京都からの500万円の資金で
    東京都奥多摩産の間伐材でログハウスの
    建物を作りました。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






      


  • Posted by おっさん2 at 05:01Comments(0)農業歴史障がい福祉多摩ニュータウン

    2019年09月21日

    建築家の隈健吾さんが紹介してくれていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ローズリーフセージ
    ローズリーフセージ





    花言葉 燃える愛、家庭の徳。




    似てないと、、思ったけど、
    花びらはサルビアに似てますね。
    同じサルビアの仲間ですね。


    建築家の隈健吾さんが紹介してくれていました。
    建築家の隈健吾さんが紹介してくれていました。




    関東地方で一緒に取り組む仲間が
    朝日新聞の夕刊に紹介されていたので、
    こんなことを書いていました。

    小山田さんの新聞を読んでいて、
    実は八王子市ユギムラでも
    読売新聞全国版で
    8月22日の1ページ近くの
    紹介がありました。
    ユギムラに集う新規就農者の取り組みが、
    東京という文化の中で
    もっと育ってもいいのではと、
    建築家の隈健吾さんが紹介してくれていました。
    日頃、身近な取り組みが社会から紹介される取り組みが、、
    将来の東京での暮らしに生き生きとした
    生活基盤になることを、
    自分たちの農業と地域と取り組めたら
    素晴らしいと思っています。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • 2019年09月18日

    お願いしているのは、体の清拭です。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    カルーナ
    カルーナ






    花言葉 『自立』『連理の枝』『旅立ち』『誠実』




    どこかで、見たことありそうです。
    我が家に欲しいです。





    体の清拭です。



    きょうは、一日大変でした。
    理学療法士さんが来るまでに、
    妻の食事をすませ、
    リハビリが始まると、
    息子の病院へ出かけました。
    息子から頼まれた本を
    多摩センターの丸善で広い店舗で
    探すのがやっとでした。
    病院では、8月分の入院費 
    5万数千円を払い、
    病室には嗜好品が食べられないので、
    洋菓子を面会中に食べてもらっていました。
    午後2時半から、
    妻の訪問ヘルパーさんが来るので、
    家に急いでいました。
    妻にお願いしているのは、
    体の清拭です。
    ヘルパーさんが帰るぎりぎりに
    帰宅しました。
    その後、二人でスーパーで
    買い物です。
    とても疲れます。




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 00:32Comments(0)医療生活暮らし多摩ニュータウン

    2019年09月15日

    地域のいい関係をつくることが出来てきました。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    真珠の木
    真珠の木





    花言葉 実る努力





    今、伊勢志摩の本物の真珠養殖の
    アコヤガイ大量死って聞いています。




    地域のいい関係をつくることが出来てきました。
    地域のいい関係をつくることが出来てきました。




    妻のデイサービスを見送った後に、
    福祉施設の畑になってる
    所有者の家に出かけていました。
    そのお父さんは80歳を超えて、
    今は、その息子さんが
    家のやりくりをしています。
    今回の畑の件で
    何度も通うことに
    なっていましたが、
    その方は、
    社会人になって
    サラリーマン生活を
    よその地で暮らしていたこともあって、
    堀之内の町づくりの経緯を
    ほとんど知りませんでした。
    自分がいろんな出来事を
    伝えてきました。
    この通ったことで
    地域のいい関係をつくることが出来てきました。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!


      


  • 2019年09月10日

    1億数千万人いる日本で政治家でもない自分たち

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    秋明菊
    秋明菊





    花言葉 忍耐・淡い思い・薄れゆく愛・利益・多感なとき・耐え忍ぶ恋




    花の名前は聞いたことありますが、、
    見たことないです。



    1億数千万人いる日本で 政治家でもない自分たち
    1億数千万人いる日本で政治家でもない自分たち



    きょうは、ここ一カ月忙しくて
    歯医者に行く予約を2回ほど
    キャンセルしていました。
    なんとか、午前中に歯医者さんに
    出かけることが出来ました。
    先生とはほんの3分程の会話ですが、
    先生には福祉事業所の
    大きな支援をしてもらったり、
    真の相談相手でもあります。
    きょうは先月の読売新聞全国版の
    文化面1ページに載った話をしていました。
    1億数千万人いる日本で
    政治家でもない自分たちのユギムラ牧場が
    紹介されたことってとても
    奇跡に近い出来事と
    話していました。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • 2019年09月04日

    「恩をあだで返されてしまいました」

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ルリマツリ
    ルリマツリ




    花言葉 『いつも明るい』『同情』『ひそかな情熱』




    見たことないけど、、
    この涼しげな色は好きです。



    福祉事業所の責任者が
    福祉事業所の責任者が



    今、午後7時にレオ君と
    堀之内寺沢里山公園を散歩してきました。
    俺、町づくりの中で、
    ここはURが分譲計画にしていました。
    そこが50軒以上の住宅が建ってしまうと、
    牧場だけでなく酪農集落が存続できない
    住宅密集地の中になってしまうことになるので、
    URに公園の計画変更を10年以上、
    言い続けていました。
    その結果、市との調整で
    公園を拡充する条件に、
    市民による公園施設管理をしていくことで、
    堀之内寺沢里山公園が成立していきました。
    園内には田や畑があり、由木に移り住んで
    30年以上の方が定年になって
    公園の自主的な管理を始めていく中で、
    元町会長さんと俺が畑指導を10年以上やってきました。
    公園は公有地で畑の作物の収穫は
    取得することが来ないことから、
    公園に接する井上牧場の牧場主から畑を借り、
    公園の畑で野菜作りを覚えたことから、
    自分たちの畑を楽しむことが出来て、
    公園ボランティア活動と、市民農園で
    堀之内のコミュニティができてきました。
    今年の4月に福祉事業所の畑部門が
    農業法人になったことで、
    その井上牧場の畑を借り受けることに
    なったそうです。
    俺がビックリしたのは、
    ボランティアのリーダーの家にかかわる不動産屋と
    福祉事業所の多摩くさむらの会の理事長が
    私たちが借りたから、8月31日をもって
    撤収しろと言ってきたことを聞きました。
    10数名の方が追い出され、
    堀之内で定年後の楽しみで活動してきたところに、
    福祉事業所の責任者がそのような言動を
    とても信じることが出来ない、、
    今、堀之内寺沢里山公園で社会や町づくりを
    知らない人たちに困惑しています。


    福祉事業所の責任者夫婦は鈴木亨の
    父が手を差し伸べて支援してきました。
    俺も、農業法人に設立に自分のネットワークで
    支援してきましたが、、、、、
    「恩をあだで返されてしまいました」









    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!



      


  • 2019年09月03日

    「恩をあだで返されてしまいました」

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ルリマツリ
    ルリマツリ




    花言葉 『いつも明るい』『同情』『ひそかな情熱』




    見たことないけど、、
    この涼しげな色は好きです。



    福祉事業所の責任者が
    福祉事業所の責任者が



    今、午後7時にレオ君と
    堀之内寺沢里山公園を散歩してきました。
    俺、町づくりの中で、
    ここはURが分譲計画にしていました。
    そこが50軒以上の住宅が建ってしまうと、
    牧場だけでなく酪農集落が存続できない
    住宅密集地の中になってしまうことになるので、
    URに公園の計画変更を10年以上、
    言い続けていました。
    その結果、市との調整で
    公園を拡充する条件に、
    市民による公園施設管理をしていくことで、
    堀之内寺沢里山公園が成立していきました。
    園内には田や畑があり、由木に移り住んで
    30年以上の方が定年になって
    公園の自主的な管理を始めていく中で、
    元町会長さんと俺が畑指導を10年以上やってきました。
    公園は公有地で畑の作物の収穫は
    取得することが来ないことから、
    公園に接する井上牧場の牧場主から畑を借り、
    公園の畑で野菜作りを覚えたことから、
    自分たちの畑を楽しむことが出来て、
    公園ボランティア活動と、市民農園で
    堀之内のコミュニティができてきました。
    今年の4月に福祉事業所の畑部門が
    農業法人になったことで、
    その井上牧場の畑を借り受けることに
    なったそうです。
    俺がビックリしたのは、
    ボランティアのリーダーの家にかかわる不動産屋と
    福祉事業所の多摩くさむらの会の理事長が
    私たちが借りたから、8月31日をもって
    撤収しろと言ってきたことを聞きました。
    10数名の方が追い出され、
    堀之内で定年後の楽しみで活動してきたところに、
    福祉事業所の責任者がそのような言動を
    とても信じることが出来ない、、
    今、堀之内寺沢里山公園で社会や町づくりを
    知らない人たちに困惑しています。


    福祉事業所の責任者夫婦は鈴木亨の
    父が手を差し伸べて支援してきました。
    俺も、農業法人に設立に自分のネットワークで
    支援してきましたが、、、、、
    「恩をあだで返されてしまいました」









    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!