たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2017年08月16日

今朝こんなことを恵泉女子大学の先生に書いていました。(Facebook)

おはようございます。



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪




ゼラニウム
ゼラニウム





花言葉 「尊敬」「信頼」「真の友情」




学名「Pelargonium(ペラルゴニウム)」は、
ギリシア語の「pelargo(コウノトリ)」が語源で、
花後の種子に突起があり、
コウノトリのくちばしに似ていることから
きてるみたいです。



堀之内里山保全地域指定地にしていきました。
堀之内里山保全地域指定地にしていきました。


今朝こんなことを恵泉女子大学の先生に書いていました。



多摩ニュータウン開発で八王子市の隣接地の多くは
不動産会社の開発計画もいっぱいありました。
ニュータウン計画から外れた地権者はニュータウン開発で
土地が売れるようにと望んでいる人は多かったです。
そのような状況の中で、京王堀之内駅と平山城址公園駅の間の
多摩丘陵は京王沿線の丘陵地開発同様に
山肌に住宅を作る開発が不動産会社で計画されていました。
その丘陵地には酪農家の存続のために
多摩ニュータウン開発から除外するための場所でもありました。
丘陵地の山林の多くは堀之内の共有地です。
酪農家の数軒は不動産会社と共有する中で
開発を拒みました。
そして、父と近所の方と調整区域の山林を売りたい人を考えて
大学誘致にすることにしました。
不動産会社が開発であらゆる小さな筆の山林も買っていた
ど真ん中に東京薬科大学を誘致して売りたい人には
大学に売ってもらい、丘陵地のむやみな住宅開発を阻止しました。
その大学の隣接緑地を大学で維持してもらうこともでき、
それ以外のところは都立長沼公園や、
自分が運動してきた東京都環境局による
堀之内里山保全地域指定地にしていきました。