たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2018年10月31日

「地域住民も町づくりを学ぶ」

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪




ヒイラギ
ヒイラギ





花言葉 「用心深さ」「先見の明」「保護」


ヒイラギはわが家の南西方向に
植えてあります。
魔除けですね。



「地域住民も町づくりを学ぶ」
「地域住民も町づくりを学ぶ」



多摩ニュータウン地域の町づくりの
意見書が今月31日締め切りなんで
市の都市総務課にメールでさっき送りました。


「多摩ニュータウンのまちづくり」
八王子市内の多摩ニュータウンは
東部の鹿島、松ケ谷は先に開発が始まり、
高齢化が他地区よりも先行しています。
地域で暮らす中で高齢者にとって
求められることは、
移動しなくても人とかかわり、
地域内で食に苦労しなくても
手に入れられることが
最も必要と考えます。
多摩ニュータウン開発で進められた
ハード的なものは1住区に小学校2校、
中学校1校のサイズで500m圏内で
生活ができる町づくりでした。
それは、若い世代が入居するということで
町づくりをしてきたことです。
その町づくりに住む人の生活が20年、
30年と時間が経つ中で生活する主体が
高齢化してきました。
その時間の中で、
学校だけではすべてを補うことはできない中で、
その地域内にある近隣商店街などは
大手小売業に押されてシャッターを
下ろしたままになってきました。
その町づくりでそこの活用を考える必要があります。
この地域にある大学と町づくりの生活サポートを
するような高齢者支援、
開発時にはなかった福祉施設の地域参加することで
福祉事業の地域振興参画の
取り組みをすることが出来ると考えます。
そのために大学、福祉事業所などの人たちが
都市計画や町づくりというものを学ぶことを
進めて地域に貢献する時代に
なっていくべきと考えます。

「地域住民も町づくりを学ぶ」を
市民サービスで取り組むべきです。


八王子市堀之内862 鈴木 亨   農業
090-1695-6799
tama.ossan@nifty.com






多摩丘陵のおっさんの脱線力!!



  • 同じカテゴリー(大学)の記事画像
    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!
    ブドウ園の農家のフルーツグロアー澤登さんへ
    東京薬科大生の里山サークル 「アシアト」
    明星大学の3年生に町づくりについて 3時間半
    今、調べたら准教授になっています。
    短編ドキュメンタリー映像が完成しました。
    同じカテゴリー(大学)の記事
     多摩丘陵のおっさんの脱線力!! (2018-11-12 01:39)
     ブドウ園の農家のフルーツグロアー澤登さんへ (2018-10-23 04:09)
     東京薬科大生の里山サークル 「アシアト」 (2018-10-14 01:00)
     明星大学の3年生に町づくりについて 3時間半 (2018-10-11 01:22)
     今、調べたら准教授になっています。 (2018-10-10 01:23)
     短編ドキュメンタリー映像が完成しました。 (2018-09-25 01:06)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    「地域住民も町づくりを学ぶ」
      コメント(0)