たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2020年07月14日

確実なので、、複雑な思いです。

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪





フロックス
フロックス





花言葉 「合意」「一致」




名前も、花を見たことないです。


確実なので、、複雑な思いです。
確実なので、、複雑な思いです。




きょうは、4時半に目が覚めました。
朝風呂に入って、
6時から妻の養生7時半まで何とかこなし、
牛小屋にわらを取りに行き、
山中にある鈴木家のお墓の広場でわらを燃やし、
ご先祖様の道案内で我が家に戻ってきました。
その後、妻をベットに寝かして、、
東海大学八王子病院へ急行していました。
血液検査で血小板が通常に戻り、
とても、うれしいです。
しかし、自分の病気治療で、
大変な感染症におびえる中で、
抗がん剤治療はあきらめていた時に、
血小板がほとんどない結果がでて、
急遽、抗がん剤治療を決行しました。
きょう、血小板は回復したものの、
以前以上に、、
免疫力が下がっているのは
確実なので、、複雑な思いです。




多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






  


  • Posted by おっさん2 at 01:28Comments(0)環境福祉子供たち医療生活介護高齢福祉

    2020年06月28日

    指導していくことが 自分の役目

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    アブチロン・チロリアンランプ
    アブチロン・チロリアンランプ





    花言葉 推測、尊敬、憶測、真実は一つ、良い便り、さまざまな愛、恵まれた環境




    どっかで、、見たことあります。



    指導していくことが 自分の役目
    指導していくことが自分の役目




    きょうは、土曜日、
    妻はデイサービスに行きました。
    午前9時過ぎからは娘の畑仲間が来て、
    サツマイモの苗植えで、
    畑の土手際の草刈りを頼まれ、
    肩掛けの草刈り機を持って行きました。
    みなさん、うっそうと生えた
    雑草の抜き取りをやっていました。
    急遽、トラクターを持ってきて、
    きれいに耕して、
    苗植えを始めました。
    里山保全活動を、、
    未来に向けて指導していくことが
    自分の役目と感じています。




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!









      


  • Posted by おっさん2 at 02:39Comments(0)環境福祉農業自然生活里山暮らし

    2020年06月27日

    多くの若者と社会に関われること幸せです。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    エキナセア
    エキナセア





    花言葉 『優しさ』『深い愛』『あなたの痛みを癒やします』





    知らない花の名前です。
    でも、写真を見て、、
    菊の仲間だと言うことは
    すぐわかります。



    多くの若者と社会に関われること 幸せです。
    多くの若者と社会に関われること幸せです。



    きょうは、一日中、、
    東海大学八王子病院で検査、検査、検査でした。

    そんな合間に書きました。
    病気治療中の身ではあるけど、
    自然豊かな環境のもとで、
    じいちゃんが作ってくれた
    木造の古い家ではあるけど、
    暮らしを共にしてきた妻の
    介助をしながら暮らせ、
    多くの若者と社会に関われること
    幸せです。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 00:33Comments(0)環境福祉自然医療生活里山暮らし

    2020年06月25日

    聞いている人の顔が変わっていましたね。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ポーチュラカ
    ポーチュラカ




    花言葉 「いつも元気」



    この花の名前のように、
    いつも元気でいたいですね。
    花びらがカラフルですね。



    聞いている人の顔が変わっていましたね。
    聞いている人の顔が変わっていましたね。



    突然、facebookのメッセージに、
    宇都宮けんじさんの
    都知事選応援演説をお願いします。
    という話が舞い込んできました。
    俺、即座に受けていました。
    俺、南大沢駅前で
    自分の知ることを話していると、、
    40年、多摩ニュータウン開発に
    かかわっていたことから、
    話していると、、、
    聞いている人の顔が変わっていましたね。

    妻のトイレ介助、朝食を済ませ、
    一度、ベットに戻り、
    南大沢駅に出かけていました。
    応援演説を終え、
    すぐ、自宅に戻り、
    検温、36.0度で、
    無事、デイサービスに出掛けました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!


      


  • Posted by おっさん2 at 04:41Comments(0)環境福祉講演歴史多摩ニュータウン

    2020年06月24日

    小規模作業所の「かたくりの家」でした。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ギボウシ
    ギボウシ





    花言葉 『落ち着き』『沈静』



    これ、牛小屋の入口に舩木君が
    植えてくれています。


    小規模作業所の「かたくりの家」でした。
    小規模作業所の「かたくりの家」でした。



    都知事選が始まっていますね。
    俺がかかわってきた
    多摩ニュータウン開発について
    書いていました。

    多摩ニュータウンの開発は
    元日本住宅公団主導の構図でした。
    自分たちの町と望む意見を言うには、
    東京都よりも、日本住宅公団にお伺いを
    しなければと言う時代がありました。
    ただ、南大沢地区の南大沢駅周辺以西は
    東京都の西部開発でした。
    基本的には、保育園、幼稚園、小学校、
    中学校、商業エリア、近隣商店街と合わせて
    スーパーの町づくりです。
    ニュータウンに移り住む家族のニーズに必要な
    福祉事業所は皆無でした。
    30年前近くに、、当時の多摩養護学校の
    卒業生の受け入れ作業所が皆無で、
    その第一号は、我が家の畑に、
    父が受け入れた小規模作業所の
    「かたくりの家」でした。
    都も市も、、手を差し伸べることは
    ありませんでした。




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







      


  • 2020年06月21日

    話がいくらでも続くらい話ができていました。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ブルーデージー
    ブルーデージー





    花言葉 「恵まれている」「幸福」「協力」





    この色、、好きです。
    実際には見たことないです。



    話がいくらでも続くらい話ができていました。
    話がいくらでも続くらい話ができていました。






    きょうは、土曜日は妻のデイサービスで、
    送り終わって、
    すぐ、最後に残した田んぼの仕事を始めていました。
    草刈りをしたところの枯れた草を集め、
    切り倒していた真竹も片付け、
    田んぼにはポンプアップしていました。
    水がたまるまでに、、
    ここでも、、
    誰かさんに電話していました。
    きょうは、八王子市市民活動支援センターの
    元所長さんにかけました。
    1時間10分程、、話していました。
    お互い、、頑張ってきた方ですが、、
    俺も多くの八王子市にかかわってきたことを
    元所長さんと話して、、
    話がいくらでも続くらい話ができていました。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!










      


  • Posted by おっさん2 at 06:17Comments(0)環境福祉農業生活里山暮らし

    2020年06月11日

    由木村の歴史をいっぱい話してもらっていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ハス
    ハス




    花言葉 「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」





    これ、田んぼにあります。
    きょうの田んぼのl草刈りしたところにあります。
    FIOのメンバーが植えました。



    由木村の歴史をいっぱい話してもらっていました。
    由木村の歴史をいっぱい話してもらっていました。




    きょうは、月曜日にあったこと書いていました。

    月曜日が燃えるごみで、道路際に青袋と、
    オムツの袋を出していました。
    散歩の通りすがりの深い帽子とマスクをかけた女性から、
    鈴木昇さんの息子さんですね。と言われていました。
    見たことのない人だったので、、
    すいません、どちらですかというと、
    元八王子市役所の児童館で働いて者ですと言われていました。
    鈴木昇さんから、子供たちに、牛や農業の話、
    由木村の歴史をいっぱい話してもらっていました。と、
    お礼を言われていました。
    昔、俺の知ってる児童館の職員さんの「姥さん」「三橋さん」
    知っていましたね。
    自分は知らない人ですが、父のやってきたことが
    思い出になっていてくれていること感謝します。
    とても、うれしかったです。




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • 2020年06月10日

    由木の自然にたわむれ、

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ルリマツリ
    ルリマツリ





    花言葉 『いつも明るい』『同情』『ひそかな情熱』




    直接、見たことはないですが、
    ここの花言葉コーナーで
    何度見てる記憶あります。



    由木の自然にたわむれ、
    由木の自然にたわむれ、



    きょう、妻はショートステイに出かけているので、
    朝から、トラクターで田んぼの代掻き、
    午後の真夏の日差しを避け、
    4時から田んぼのあぜ道の草刈りを
    午後6時40分までやっていました。


    田んぼで書きました。

    幸せです。
    由木の土を踏み、
    由木の自然にたわむれ、
    ここの地から湧き出るみずをのみ、
    生きていられること、
    幸せです。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






      


  • Posted by おっさん2 at 02:11Comments(0)環境福祉自然生活里山暮らし

    2020年06月07日

    素晴らしい人と出会いました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    千日紅
    千日紅




    花言葉 「色あせぬ愛」「不朽」




    見たことないけど、、
    なんか、線香みたいな名前ですね。


    素晴らしい人と出会いました。
    素晴らしい人と出会いました。




    きょう、妻はデイサービスです。
    送迎直後、以前、うちのユギムラに来ていた
    高田君が遊びに来てくれていました。
    午前10時に八王子市内の相談支援事業所の方と
    会うことになっていました。
    高田君も一緒に行くことにしました。
    相談所の方は、3障害のうちの
    精神に精通してると感じ、
    会うことにしました。
    八王子市市内に、、
    まだ、まだ、障害福祉事業に携わってる方で
    素晴らしい人と出会いました。
    しかし、世間は狭いです。
    今、かかわる素晴らしい人たちとつながっていました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!















      


  • 2020年06月04日

    ユギムラ牧場での音楽フェス

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ベロニカ
    ベロニカ





    花言葉 「忠実」「名誉」




    見たことはないですが、
    なんか、原野の野原で
    咲いていそうですね。



    ユギムラ牧場での音楽フェス
    ユギムラ牧場での音楽フェス








    きょうは、隣の家との境に
    蔓延った篠竹を、仮払い機で刈っていました。
    かなり、体力が必要です。
    きょうは、、こんなことを書き込んでいました。
    俺、疑問に思うと、、それに向かって走ってきました。
    でも、普通の農家が絶対やらないことにも首を突っ込み、
    それに向かって走ってきました。
    それがなかったら、、
    うちの周りの自然はありません。
    重度の障害者の母ちゃんが亡くなって、、
    今では、100人規模の通所事業所、グループホームも
    できました。
    ふつう、牛の仕事をやめると、、
    なんも使わない物置小屋になってしまいますけど、、
    今は、福祉事業所の利用者さんの笑顔が、、
    このウイルスの時でも、、
    笑顔がいっぱいです。
    40年走ってきて、、いい人との出会いでいっぱいです。
    写真はユギムラ牧場での音楽フェスの時です。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!