たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2020年04月07日

安心できる居場所が 出来たらいいな

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪



黄梅
黄梅




花言葉 「控えめな美」「期待」「恩恵」




見たことありそうです。
身近にはないです。



安心できる居場所が 出来たらいいな
安心できる居場所が 出来たらいいな



きょう、、午前中に妻の
歯科衛生士さんが来てくれて、
口内洗浄しもらっていました。
きょうは、こんなことを書いていました。

息子が安心して通える福祉事業所を立ちあげたいです。

由木地域に、精神障害者が安心して
働ける居場所の働く場と、
親なき後でも、地域が支えて
暮らせる場を実現したいです。
身近にある知的障害の福祉事業所が
20年ちかくかかりました。
そのくらいの時間と人とのかかわりが必要ですが、
由木地区に精神障害で安心できる居場所が
出来たらいいなと夢を描いています。







多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!









  


  • Posted by おっさん2 at 03:01Comments(0)障がい福祉町づくり

    2020年04月05日

    公園内の土手に腰を掛けていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    忘れな草
    忘れな草





    花言葉 「真実の愛」「私を忘れないで」





    花は、見たことないです。
    思い浮かぶのは、、
    倍賞千恵子さん、菅原洋一さんです。


    公園内の土手に腰を掛けていました。
    公園内の土手に腰を掛けていました。



    きょうは、土曜日で妻はデイサービスに
    送り出した後に、
    天気も気持ちいいので、
    堀之内寺沢里山公園に
    散歩に出かけ、
    公園内の土手に腰を掛けていました。
    隣で座っていた、
    公園ボランティアさんに声をかけ、
    話が始まりました。
    地域の昔からの歴史や、
    公園のできた経緯なども伝えていました。
    ボランティアさんたちの仕事は終わり、
    その方と1時間半近く地域のことで
    盛り上がっていました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







      


  • 2020年03月23日

    行政にそれを指導できる力はないと思う。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ヘリクリサム
    ヘリクリサム




    花言葉 「永遠の思い出」「いつまでも続く喜び」




    ドライフラワーに最適な花なので、
    永遠や、いつまでもになるんですね。



    農地を売る人多いだろうな。
    農地を売る人多いだろうな。



    小学校、中学校の同級生が堆肥を取りに来た。
    雑談です。
    2年後に農地が売れるようになったら、
    農家はどうするだろう?
    同級生が言うには、
    今、農地を売る人多いだろうな。
    同級生は、40年、由木地区の
    農協でお米の配達をしていたので、
    地域内の家々のことは詳しく、、
    農家事情をよく知る人です。
    きっと、、
    そこいらじゅうにミニ開発が
    始まるかもしれません。
    行政にそれを指導できる力はないと思う。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • Posted by おっさん2 at 03:57Comments(0)農業政治町づくり生活

    2020年03月22日

    これでいいんだろうか?八王子市?

    おはようございます。



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    デモルホセカ
    デモルホセカ




    花言葉 「富」「豊富」




    実際には見たことないですが、
    力強さを感じます。




    これでいいんだろうか?八王子市?
    これでいいんだろうか?八王子市?



    昨夜は、クリエイトホール近くの
    アミダステーションに出かけていました。
    そのために、デイサービスに
    出かけている妻を迎えに行き、
    家で留守番してもらって、
    出かけていました。
    きょうは、「気候危機ー私たちに、いま…なにができるか」
    というテーマでした。
    ここにきてる方は、
    とても、、すごい人たちが来ていました。
    本当に、これでいいんだろうか?日本。
    これでいいんだろうか?八王子市?です。
    ここへやってきて、、
    自分の歩んだ道はそれなりに
    素晴らしい歩みだったようなことを
    感じていました。
    自分の道を歩みます。




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • 2020年03月13日

    ユギムラで活躍してる人たち

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    ペラルゴニウム
    ペラルゴニウム





    花言葉 「あでやかな装い」「篤い信仰」




    まったく、、聞いたこともない花です。




    ユギムラで活躍してる人たち
    ユギムラで活躍してる人たち




    きょうは、木曜日なので宅配のヨーグルトの
    料金を払っていました。
    きょうは、コロナの影響でお母さんと、
    女子の小学生がやって来ました。
    その小学生が質問してきました。
    なんで、家の中で飼わないのですか?でした。
    家の中で飼うものと思っていたようです。
    どこに小学校と聞くと、
    南大沢の小学校でニュータウン生まれの
    お子さんでした。
    犬は家の中で飼うものというのも理解しました。

    きょうは、こんなことを書いていました。

    自分で言うのも、、なんですが、、
    俺ほど、、まじめな農家はないと思っています。
    病気で牛はやめたけど、
    牛小屋は、、ちゃんと活用しています。
    普通、牛の仕事をやめると、
    ほとんどの農家は、空き家状態が普通です。
    牛小屋は、福祉事業の拠点になって、
    月・金は利用者さんで活気があります。
    土日は、若い人たちで工房で木工、ナイフつくり、
    などなどで、人が集まっています。
    堆肥小屋は稼働しています。
    また、農業の仕事を始めた若い人たちの
    仕事場にもなっています。
    我が家の畑は、、遊んでる畑はありません。
    また、山の中では養蜂に取り組む青年が、、
    その養蜂のために、雑木林の管理で里山の活用も
    始まっています。
    そんな、、仕事が確立しつつあるユギムラです。
    写真は、ユギムラで活躍してる人たちの音楽フェスです。








    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







      


  • Posted by おっさん2 at 02:05Comments(0)農業町づくり生活里山ユギムラ牧場

    2020年03月04日

    重機の整備を昨年にやって来ました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    エリカ・シャミソニス
    エリカ・シャミソニス




    花言葉 「孤独」「寂しさ」「博愛」「良い言葉」



    綺麗ですね。
    でも、頭に浮かぶのは、
    元芸能人の名前が先に出てきてしまいます。



    重機の整備を昨年にやって来ました。
    重機の整備を昨年にやって来ました。




    きょうは、妻の理学療法士さんによるリハビリして、
    午後は、ヘルパーさんの
    清拭をやってもらっていましたが、
    事業所の責任者が二人も
    一緒に来ていて大変でした。
    実務は30分という短い時間が
    あっという間に過ぎました。


    そんな一日でしたが、今後の自分の進む道を考えていました。

        ユギムラ牧場の正式名称
    「ユギムラ牧場体験農園青年研修センター」
           どうかな?
    令和元年の確定申告で修繕費がとてつもなく
    多額になってしまいました。
    ホイルローダー、バックホー、トラックと、、
    牛がいないけど、、
    重機の老朽化です。
    堆肥舎の機械もそれなりに修理しました。
    これからの事業展開する
    出発点にしたいと考えています。

    ユギムラ牧場の堆肥舎は
    都内で、、ここまで設備の整った
    施設は他にないと思う。
    今も、酪農家のたい肥処理の支援、
    そして、その作業を
    身近な福祉施設の仕事で
    堆肥生産の仕事にかかわって
    事業を展開する、
    ほかに例のない農福連携事業として
    素晴らしい場になっています。
    そのためにも、
    重機の整備を昨年にやって来ました。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • 2020年03月03日

    25年ぐらい前です。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪






    エニシダ
    エニシダ




    花言葉 「謙遜」「卑下」「清潔」




    魔女が空を飛ぶ時のほうきは、
    エニシダの枝だそうだが、
    原産地のヨーロッパには
    孟宗竹って生えてないのかな?




    25年ぐらい前です。
    25年ぐらい前です。



    きょうは、一日、雨模様でした。こんなことを書いていましした。

    25年ぐらい前です。
    自分の酪農の仕事を地域に位置付けるために、
    東京都の当時の建設局の
    多摩都市整備本部(東京都の多摩ニュータウン開発の本部、
    今はありません)と交渉を重ねている時期でした。
    直接的には多摩ニュータウンで大きな問題だった
    南北道路が一つもないなか、
    堀之内の都道155号線の都市計画道路で、
    我が家の畑を分断するなかで、
    酪農の畜産環境整備に必要な予算を付けるよう
    交渉していました。
    都には、労働経済局の農林部門があるのですが、
    畜産推進という事業があっても、
    町づくりのところまでの役目はありませんでした。
    都市計画道路の交渉の中で、農林予算というよりは、
    町づくり予算として、ユギムラの酪農家の4軒に、
    多摩・島嶼予算で畜産環境整備してきたことを
    思い出しました。
    当時としては、都市計画道の南北道路の整備の
    急務ということもあって、
    東京都の建設局の部長も絡む問題になっていました。

    40歳代の時によくやったなぁと思うこの頃です。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 01:19Comments(0)地域農業歴史町づくり生活多摩ニュータウン

    2020年03月02日

    こんなの聞いたことない出来事が、、

    こんばんは、 



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ミニカトレア
    ミニカトレア





    花言葉 「優美な貴婦人」「成熟した大人の魅力」「魔力」「魅惑的」



    正直なところ、、無縁の存在です。
    綺麗なのはよくわかっています。




    こんなの聞いたことない出来事が、、
    こんなの聞いたことない出来事が、、




    きょうは、ファシリテーターで
    よく知られる森良さんが
    我が家に来て、
    希望者と一緒に、ユギムラを
    2時間かけて歩きながら、、、
    自分の人生とかみ合わせながら
    案内していました。
    森さんから、、
    また、やろうと言ってもらえていました。



    きょうは、こんなことを書いていました。
    元酪農家です。
    学校給食の牛乳には、
    都道府県からの補助金が加算されています。
    これを学乳というもので、
    一般の牛乳の乳価に加算され、
    酪農家に支払われています。
    夏休みのような季節乳価と同じように、
    学校が休みになると、、
    酪農家の収入がかなり下がってしまうのが
    一番大きな痛手です。
    ここまで総理大臣はわかってるか心配です。

    そういうところで働いている人(高尾の森自然学校)と
    話したことのない自分です。
    広報にも紹介されていて、
    里山のかかわりを進める記事だと思ったけど、
    民地である多摩丘陵の山にどれだけの人が、、
    かかわり、これからの自然とのかかわりの
    人材になってるくれるか、、
    正直なところ疑問です。
    昨日から、、我が家の山に10名ぐらいの若者が
    夜を明かしてかかわってくれる人たちを
    大事にしたいです。
    こんなの聞いたことない出来事が、、
    うちで始まっています。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • 2020年02月29日

    青年は自立していきました。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ボロニア
    ボロニア




    花言葉 「印象的」 「許されぬ恋」 「芳香」 「心が和む」 「打てば響く」 「賑やかな人柄」 「的確」




    見たことないけど、、かわいいですね。




    青年は自立していきました。
    青年は自立していきました。




    きょうは、こんなことを書いていました。
    阿部さんもよく知る、
    小比企町の磯沼牧場で、
    ユギムラで活躍してくれている
    若い人たちが、
    八王子の新しい農業に取り組み始めます。
    よろしくお願いします。

    8年ぐらい前に、
    東京都農業会議の現在部長の方から
    農業を仕事としてやりたい20代の
    若者が八王子市に住んでいるのが、
    居るんだけど面倒を見てくれないかと
    相談を受けたことがありました。
    俺、病後の療養中ということでもあったので、
    八王子市農業委員会か、市農林課の後継者育成という
    仕事だから、、その旨を連絡しました。
    1年、経っても市は何の支援もありませんでした。
    1年過ぎて、再度、東京都農業会議の部長から、、
    俺にやってもらいたいと依頼がありました。
    その青年に我が家に近い、越野のココスに
    来てもらいました。
    青年は、町づくりを踏まえた農業をやりたいと
    言われていました。
    ただ、野菜を作る農業と返事がきたら、
    断るつもりが、俺がやってきた農業をしたいと
    言ってきたのにはびっくりしました。


    わが家でFIOという組織を作り、
    青年は自立していきました。
    八王子市の農業は自立した人を
    育てること大事です。
    その取り組みとして、
    今、小比企の磯沼牧場で新たな
    町づくりの農業が始まろうとしています。

    応援してください。

    https://www.facebook.com/802momo/
    (フェイスブック)

    https://hachiouji-mo-mo.jimdosite.com/




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • Posted by おっさん2 at 02:54Comments(0)農業町づくり農業体験農業FIOユギムラ牧場

    2020年02月28日

    八王子市にはできないですね。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    アザレア
    アザレア





    花言葉 「節制」「禁酒」「恋の喜び」





    これ、うちの道路際の
    土手の上に植えたいですね。



    八王子市にはできないですね。
    八王子市にはできないですね。




    きょうは、こんなことを書いていました。

    農業部門での日野市、、
    日野市は、将来的な取り組みを、年、お正月に
    農家を市民会館に集めて、
    現状把握を周知できるように、
    関係行政機関と農家の集会を必ずやっています。
    行政が今後の市の在り方を表明するところは、
    素晴らしいと思う。
    また、行政の農業の位置づけを、、
    他市とはくらべものにならない取り組みをやっています。
     また、多摩市の農業の取り組み方で、
    大学の農業でよく知られてる学識経験者を
    受け入れている中で、
    取り組む市業務は、、
    八王子市にはできないですね。

    昨年の振替伝票の経理ソフトに入力がおわりました。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • Posted by おっさん2 at 03:17Comments(0)農業町づくり