たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2018年10月02日

いいねって言ってくれていました。

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪





チェッカーベリー
チェッカーベリー



花言葉 明日の幸福、好奇心、不老長寿




この葉っぱを見て思い出したのは、、
茶の木の新茶葉です。
赤みの帯びた葉っぱの色。





朝、大変なことになっていました。
都道沿いの体験農園の休憩所の
屋根の一部が6畳ぐらいの波板が
そっくり道路を飛び越えて
歩道に鎮座していました。


いいねって言ってくれていました。
いいねって言ってくれていました。



今夜、先日の映画上映をしていた
映画監督が自作制作の目標を発表していました。
そこに書き込んでいました。

こないだの映画上映でふと思って
明星大学の西浦教授に
たぬきがいたを上映して
大学の学生に町づくりを
テーマーにした話を榊監督と
やったら榊監督が街にかかわれると
思って西浦教授に話したら
いいねって言ってくれていました。
そして、西浦教授は多摩市の
町づくりにかかわっています。
八王子市にもかかわってるけど、、
これからの多摩の生き方が
見えるといいね。  


  • 2018年09月17日

    めったに会うこともないのでぶちまけていました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    シラタマホシクサ
    シラタマホシクサ



    花言葉 純粋な心





    まったく知らない花の名前です。
    ホシクサを乾草と勘違いしてしまいました。
    元酪農家の自分です。


    めったに会うこともないのでぶちまけていました。
    めったに会うこともないのでぶちまけていました。



    きょう、携帯の話し中に
    車で庭に入ってきた来客がありました。
    乗ってる人たちの顔ぶれは知らない
    人たちばかりでした。
    長い携帯での話を終え、
    庭で待ってもらった人のところに向うと、
    玄関に一人、
    待ってる方がいました。
    東京都の都議会議員さんでした。
    自分のfacebookを見ていてくれる方でも
    あるんだけど、、
    今の八王子の現状の話を
    ぶちまけていました。
    めったに会うこともないので
    ぶちまけていました。  


  • Posted by おっさん2 at 02:41Comments(0)政治町づくりブログfacebook

    2018年09月04日

    野猿街道の頭上を横切る多摩モノレールです。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    ルリマツリ
    ルリマツリ



    花言葉 『いつも明るい』『同情』『ひそかな情熱』




    青い海原を想像してしまいます。



    野猿街道の頭上を横切る多摩モノレールです。
    野猿街道の頭上を横切る多摩モノレールです。



    きょうは、混雑していて
    歯医者さんへ行くのが午後7時でした。
    患者さんが少なくなっていて先生と、
    ついつい、、雑談が長引いていました。
    先生へ、今度、牛小屋で映画上映やるので
    見に来てねというと、
    先生が院内にチラシを置いて
    いいよって言ってくれました。
    映画が「たぬきがいた」と言うと、
    高畑監督の平成狸合戦ポンポコの話になり、
    昨年、高畑監督さんにかたくりの会のクッキーを
    監督にプレゼントしていた話。
    その後、井戸の話になり、
    鑓水の地名の話で鑓水は横井戸から
    生まれた地名、「絹の道」になって、、
    それに深くかかわっていた
    郷土歴史家の小泉栄一さんの功績を
    話していたら、、
    鈴木さんは地域の物知りだねと
    言われていました。
    写真は野猿街道の頭上を横切る多摩モノレールです。  


  • Posted by おっさん2 at 01:17Comments(0)政治歴史町づくり生活暮らし多摩ニュータウン

    2018年07月04日

    多摩ニュータウン開発に反対してきた農家です。

    こんにちは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    アスター
    アスター



    花言葉 「変化」「追憶」「同感」「信じる恋」



    名前はよく見る花の名前ですが、
    身近にはないです。






    最近、都市近郊農業の農地の法律が
    変わろうとしています。
    そして、日本の都市景観が都市計画として
    大きく変わろうとしています。
    そのことについて、
    昨夜こんなことを書いていました。



    多摩ニュータウン開発に反対してきた農家です。
    多摩ニュータウン開発に反対してきた農家です。



    俺、子供のころから多摩ニュータウン開発に
    反対してきた農家です。
    国の住宅政策にものを言ってきた親子でした。
    その結果、、八王子や多摩地区でこのような
    環境を残してきたのはないと思っています。
    これからの農地が都市と永続的に形勢していくには
    農家の町に対する思いがなければ制度が変わっても
    変わらないと思う。
    写真は自分が住むユギムラ牧場周辺です。
    新住宅市街地開発法で網掛けされた開発区域から
    逆線引きで市街化調整区域にして、
    周辺をUR との協議で6ヘクタールの
    近隣公園の里山公園にし、
    奥座敷を東京都環境局による7ヘクタールの
    里山保全地域指定してきた環境です。  


  • 2018年06月06日

    しかし、時代は俺の言ったとおりになりました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    イソトマ
    イソトマ





    花言葉 『優しい知らせ』『強烈な誘惑』『神聖なる思い出』『心を開く』『猛毒』




    わが家の世界にはないと思う。


    20年前,、無茶な発言をしていたことを思い出しました。
    しかし、時代は俺の言ったとおりになりました。



    しかし、時代は俺の言ったとおりになりました。
    しかし、時代は俺の言ったとおりになりました。



    他で書きました。
    こんばんは、、、あることを思い出しました。
    都の職員が運転手付きで仕事をしてるのが
    当たり前の時代でした。
    20年ぐらい前のことです。
    その時によく知る都議会議員に意見しました。
    その結果が東京都の労働経済局から当時、
    東京都酪農組合の理事をしていた自分に
    組合を通して、、、発言の厳重注意という
    圧をかけてきました。
    組合の理事会の帰路に木谷さんにぼやいていました。
    現在、東京都の仕事で当事者が運転して
    仕事をしているのが普通になりました。
    すごく、、記憶に残っています。
    ワンちゃんのことも思い出しました。  


  • Posted by おっさん2 at 01:55Comments(0)政治生活暮らしfacebook

    2018年06月05日

    街をデザインしていく中で生活に伴った町づくり

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    アンゲロニア
    アンゲロニア




    花言葉 過去の恋人 片思いの恋 可憐な恋




    うん、、、俺の言い方だと「わかんねヤァ」




    街をデザインしていく中で生活に伴った 町づくり
    街をデザインしていく中で生活に伴った町づくり


    さっき、俺のやってきたことを書いていました。

    他で書きました。

    俺、父とだけど日本住宅公団、そして、URとで30年。
    そして、自然にかかわる東京都の環境局とのやり取りを
    20年やってきました。
    今の町づくりの現場を縦割りを超えてやってきたことで
    19住区の町づくりにかかわってきたことで
    今の堀之内のユギムラがあります。
    その本のことは知っていますが、
    読んだことはありません。
    イギリスのことも知っていますが、
    今の都市計画を進める行政の方をみて、
    俺は生活の中で農業公園構想を実践してきました。
    その街をデザインしていく中で生活に伴った
    町づくりを実践してきたこと誇りに思っています。  


  • 2018年05月28日

    3時間ほどぶっ続けに肩掛け草刈機で刈りまくっていました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    サンタンカ
    サンタンカ




    花言葉 喜び・謹厳・張り切る・可憐・熱き思い



    一度だけ、、どこかで見ています。




    きょうは本格的に家の周りの草刈りをしていました。
    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機で
    刈りまくっていました。



    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機
    3時間ほどぶっ続けに 肩掛け草刈機



    さっきこんなことを書いていました。長文です。

    昔、美濃部都知事時代に多摩ニュータウン開発で
    東京都に八王子の酪農集落を残して欲しいと
    請願していました。
    昔は国レベルでは社会党などは野党の存在はありましたが、
    市レベルでは多摩ニュータウンに反対と言えるのは
    共産党しかありませんでした。
    八王子市が国に逆らうことなどできない時代でした。
    自分が二十歳そこそこのころ、
    多摩ニュータウンという国策に反対することが
    とても大変な時代にどうふるまっていたかと言えば、
    請願,請願と「お上」に逆らっていました。
    その時代に、、肝っ玉おばちゃんが都議でいました。
    都議の後藤マンさんという医師の都議会議員さんと
    日々を共にしていました。
    後藤マンさんという都議会議員さんが当時の都議会本会議で
    美濃部知事の口から国策である多摩ニュータウン開発から
    酪農集落を存続させると答弁を引き出してくれました。
    しかし、日本住宅公団は建設省に類するところで
    都知事の発言など聞く耳などありませんでしたが、
    昭和50年代のオイルショックで多摩ニュータウン開発の
    縮小していくことで酪農存続の道が見えてきました。
    自分は日本の社会の農家で頑張っている人は
    いっぱいいるとは思いますが、
    そんな経験がとても自分の肉となっていることを
    最近感じるこの頃です。
    自分のやってきたこと自分でほめる
    気持ちです。  


  • Posted by おっさん2 at 01:43Comments(0)牧場農業政治歴史町づくり暮らし多摩ニュータウン

    2018年04月11日

    読売新聞の朝刊の多摩版をいつものように開いていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    レンギョウ
    レンギョウ




    花言葉 「期待」「希望」「集中力」



    この花は我が家の顔になるくらい
    家の入口に植えてあります。
    そして、毎年、剪定しています。



    地域学会で4市サミット開催のときです。
    地域学会で4市サミット開催のときです。



    きょうの読売新聞の朝刊の多摩版を
    いつものように開いていました。
    多摩市長選の候補者の紹介がありました。
    3人の候補者がいました。
    そのうちの二人、、
    現職の方は地域学会で知る人です。
    そして、もう一人も同じ地域学会で
    知る人でもあり、
    facebookの友達にもなってる方が
    立候補しているのにはびっくりです。
    とても身近な人を応援したいです。



    写真は地域学会で4市サミット開催のときです。  


  • Posted by おっさん2 at 01:19Comments(0)地域政治町づくり多摩ニュータウンfacebook

    2018年01月03日

    八王子市初の残土条例で 原状回復命令発動にこぎつけた

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪



    コノテガシワ
    コノテガシワ




    花言葉 生涯変わらぬ愛一生変わらぬ友愛



    これ、うちどっかにありそうです。
    どこだったかな?



    違法残土の中に廃棄物を混ぜて残土の埋め立て
    違法残土の中に廃棄物を混ぜて残土の埋め立て



    今夜は昔のことを書いていました。
    よくやっていたと、今、思い返していました。

    昔、自然保護条例がないころ多摩丘陵のあちこちで
    業者による野焼きが行われていました。
    堀之内のあるところでもありました。
    東京都の産業廃棄物にかかわる部署で
    空からの監視もされるくらい大きな問題だったことを思い出します。
    自分はそんな業者を通報していた時期もありました。
    また、産業廃棄物には燃やすだけでなく、
    違法残土の中に廃棄物を混ぜて残土の埋め立てなどと
    言うこともあり、野焼き後の大きな問題も堀之内にあり、
    その残土の搬入を真夜中にやってると
    日野市側の方からの連絡などで警察に通報をやったり、
    市議の協力を得ながら水質調査などもしていました。
    その結果、八王子市の規制条例で八王子市初の残土条例で
    原状回復命令発動にこぎつけたこともあり、、
    その時は罰則はありませんでしたが、
    同じ開発指導課の課長時代に罰金が設けられました。
    野焼きや残土条例にもかかわって八王子市の時代的な流れに
    かかわってきました。  


  • Posted by おっさん2 at 23:42Comments(0)自然政治市民活動生活里山暮らし

    2017年11月29日