たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2019年10月06日

障害福祉事業所が皆無でした。

こんばんは、




コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪





秋明菊
秋明菊





花言葉 「薄れゆく愛」「忍耐」





この花はないけど、、
真っ白な白いコスモスが
真っ盛りに咲いています。


障害福祉事業所が皆無でした。
障害福祉事業所が皆無でした。




きょうは、阿部さんもFB友の農林省の委員されてる人のところに書き込みしていました。

30数年前に、多摩ニュータウン地域に
障害福祉事業所が皆無でした。
八王子市は手を差し伸べることもしませんでした。
その時、父は俺の畑に作ってやるでした。
都市計画ができた以降だったので、
自分の土地はすべて市街化調整区域で
開発行為ができない農業地帯でも、
父は多摩ニュータウン開発に反対してきた交渉力で、
八王子市、東京都を認めさせ、
東京都から500万円の資金を出してもらい、
農作業主体の、まさに農福連携の障害者の福祉事業所を
立ち上げてきました。
30年前はとても地域社会に受け入れられない社会で、
いろんな問題が起きると、
父や自分に問題が降りかかってきました。
しかし、その経験はとても今の自分が社会に
理解してもらう説得力を付けさせてもらっています。
父が亡くなって、自分がどう障害福祉施設とかかわるか、
相続で悩みました。
相続は10カ月以内に処理しなければいけません。
当時、自立支援法が始まる時期でした。
いろんな、NPO法人や、法人格を考えたときに、
社会福祉法人を目指しました。
当然、相続で、宅地を増やした中で、賭けに出ました。
10年近くかかる取り組みと、、
東京都社会福祉協議会法人担当に言われていましたが、
坂口厚生労働大臣時代に丸3年で法人認可を勝ち取りました。
今は、農作業だけでなく、いろんな事業所があり、
100名近い知的障害者の通う八王子市の中でも
素晴らしい事業所になってきました。
農福連携から地域の支えあう施設になっています。
30年を振り返り、地域社会の中で地域住民と
共有する地域でなければ、
農福連携の取り組みは実現しないと考えています。


写真は30年前に東京都からの500万円の資金で
東京都奥多摩産の間伐材でログハウスの
建物を作りました。





多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






  


  • Posted by おっさん2 at 05:01Comments(0)農業歴史障がい福祉多摩ニュータウン

    2019年09月21日

    建築家の隈健吾さんが紹介してくれていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ローズリーフセージ
    ローズリーフセージ





    花言葉 燃える愛、家庭の徳。




    似てないと、、思ったけど、
    花びらはサルビアに似てますね。
    同じサルビアの仲間ですね。


    建築家の隈健吾さんが紹介してくれていました。
    建築家の隈健吾さんが紹介してくれていました。




    関東地方で一緒に取り組む仲間が
    朝日新聞の夕刊に紹介されていたので、
    こんなことを書いていました。

    小山田さんの新聞を読んでいて、
    実は八王子市ユギムラでも
    読売新聞全国版で
    8月22日の1ページ近くの
    紹介がありました。
    ユギムラに集う新規就農者の取り組みが、
    東京という文化の中で
    もっと育ってもいいのではと、
    建築家の隈健吾さんが紹介してくれていました。
    日頃、身近な取り組みが社会から紹介される取り組みが、、
    将来の東京での暮らしに生き生きとした
    生活基盤になることを、
    自分たちの農業と地域と取り組めたら
    素晴らしいと思っています。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • 2019年09月16日

    朝早くても、人は活動していましたね。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪






    サザンクロス
    サザンクロス




    花言葉 願いをかなえて・まだ見ぬ君へ・光輝




    名前は知らないけど、、
    これ、見たことあります。




    朝早くても、人は活動していましたね。
    朝早くても、人は活動していましたね。(蕎麦の花)



    きょうは、朝早く起きて、
    娘が蕎麦の種を撒いたところが、
    雑草だらけになっているので、
    昨日に続いて鍬で雑草の
    退治をしていました。
    朝早くても、人は活動していましたね。
    我が家のところでやっている
    福祉事業所の責任者が
    畑仕事をしていました。
    今、問題になってる福祉事業所とは
    雲泥の差です。
    FIOの大神君も、
    きょうは南大沢のマルシェの
    準備のために、
    空心菜の収穫をしていました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 05:10Comments(0)農業生活暮らし

    2019年09月15日

    地域のいい関係をつくることが出来てきました。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    真珠の木
    真珠の木





    花言葉 実る努力





    今、伊勢志摩の本物の真珠養殖の
    アコヤガイ大量死って聞いています。




    地域のいい関係をつくることが出来てきました。
    地域のいい関係をつくることが出来てきました。




    妻のデイサービスを見送った後に、
    福祉施設の畑になってる
    所有者の家に出かけていました。
    そのお父さんは80歳を超えて、
    今は、その息子さんが
    家のやりくりをしています。
    今回の畑の件で
    何度も通うことに
    なっていましたが、
    その方は、
    社会人になって
    サラリーマン生活を
    よその地で暮らしていたこともあって、
    堀之内の町づくりの経緯を
    ほとんど知りませんでした。
    自分がいろんな出来事を
    伝えてきました。
    この通ったことで
    地域のいい関係をつくることが出来てきました。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!


      


  • 2019年09月08日

    キュウイフルーツの棚を立てていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    スピードリオン
    スピードリオン





    花言葉 秘密の生活、秘密、秘めた思い。



    見たことないです。



    キュウイフルーツの棚を立てていました。
    キュウイフルーツの棚を立てていました。



    きょうは、妻はデイサービスを
    堀之内寺沢里山公園の駐車場から
    乗車していました。
    土曜日なので、公園整備に
    ボランティアさんの皆さんが
    草刈りをしていました。
    その中に、神奈川県の
    農業改良普及員の農業指導の方がいて、
    彼が教えてくれました。
    福祉施設の多摩草むらの会の畑の仕事は、、
    素人に近い人だねといわれていました。
    今、種を撒いている物は
    収穫できないと言われたことや、
    最近、隣接に分譲の家ができましたが、
    畑の草刈りもできないようだね。
    そんな話を聞きながら、
    シソ茶を皆さんと公園で飲んでいました。
    午後は、我が家の畑にある
    キュウイフルーツの棚を立てていました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 01:45Comments(0)農業生活里山暮らし日曜大工

    2019年08月27日

    八王子市農業委員会は見捨てていました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    アベリア
    アベリア






    花言葉 「強運」「謙虚」「謙譲」





    見たことあるようで、、
    ないかな。







    きょうは、、集中豪雨の後、
    急いで、ダンプに粗大ごみをのせて
    唐木田の清掃工場に運んでいました。
    家に戻り、照明器具を
    取り付けるところの土台を作っていると、、
    もう、夕食の支度が始まり1日の終わりです。



    八王子市農業委員会は見捨てていました。
    八王子市農業委員会は見捨てていました。



    きょうは、こんなことを書いていました。

    自分の人生で振り返っています。
    俺が仕事を決める二十歳のころに由木地区は
    多摩ニュータウン開発で国が東京の農業はいらない
    強権的に町づくりをしてる中で、
    父のやってる酪農を自分の仕事として始めていました。
    世論的には、、酪農を始めるなんて
    「馬鹿」だと言われ、
    八王子市市議会は相手にしてくれません。
    八王子市農業委員会は見捨てていました。
    そんな状況でした。
    30年前、障害者家族との出会いがありました。
    地域社会に障害者を受けいれる空気もない中で、
    父は由木地区で初めて独自に受け入れました。
    20年以上、国の開発に意見しながら
    酪農で生きてきた父は、
    地域で暮らし始めた障害者家族と共に
    地域で共に歩み始めました。
    それを受け継いだ自分ですが、
    その父が独自で始めた活動は
    自分の大きな自信になっていることを、
    世論と輿論の言葉としては感じていませんでしたが、、
    再認識する自分がいます。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 01:40Comments(0)農業政治歴史町づくり多摩ニュータウン

    2019年08月24日

    農業を変えていく 核心を感じる時間でした。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    シコンノボタン
    シコンノボタン




    花言葉 『自然』『平静』『謙虚な輝き』『ひたむきな愛情』『落ち着き』『あなたと踊ろう』






    見たことないけど、
    この花の色は好きです。


    農業を変えていく 核心を感じる時間でした。
    農業を変えていく核心を感じる時間でした。


    きょうは、午前と午後の2回、
    妻の介護ヘルパーさんに来てもらって、
    自分の外来治療で東海大学八王子病院へ
    点滴に出かけていました。
    点滴中、、看護師さんと昨日の読売新聞で
    紹介されたことをはなしていました。
    よく考えると、記事は全国版で
    東京の未来を考える
    「文化欄」に1ページで
    紹介されていました。
    このことは、父の時代の40年前から
    提唱してきたことです。
    世界的に有名かは知りませんが、
    その建築家から紹介されたことは、
    自分の40年はとても無意味ではなかった。
    そして、そこにかかわる
    若い舩木君やFIOのメンバーが
    八王子の農業を変えていく
    核心を感じる時間でした。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • 2019年08月19日

    「人生フルーツ」を見て

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ムラサキオモト
    ムラサキオモト



    花言葉 「旅行」 「航海」






    見たことないです。
    我が家には部屋に置く観葉植物は一つもないです。





    はちおうじ志民塾のOB会のメーリングリストに
    書いていました。



    「人生フルーツ」を見て
    「人生フルーツ」を見て



    石川さん、こんばんは、

    ユギムラ牧場で上映をきっかけに
    八王子市や稲城市で上映されたこと
    嬉しいです。
    そして、津端修一さんが目指した町づくりは、
    同時期に八王子市堀之内で提唱してきた
    農業公園構想にもつながる中で、
    ユギムラ牧場が存続し、
    ここでの農福連携で取り組む、
    由木かたくりの会、
    NPOやまぼうしが積み上げてきた事業は、
    八王子市内でも充実した地域と
    福祉事業の共存は素晴らしい
    取り組みになっています。
    また、新規就農者が育ち、
    八王子市内の新規事業を立ち上げ、
    新たな八王子市の農業に取り組み始めています。
    同時期に、また、若い人たちの取り組みで、
    自然エネルギーに挑戦してる
    グループも活躍しています。
    個人の家の取り組みではあるけど、
    町づくりの中で堀之内の顔に
    なってきたこと、、
    「人生フルーツ」を見ていて
    自分にとっては40年以上
    やってきたことでした。
    この映画との出会いで、
    自分を見つめることが出来ました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 00:25Comments(0)地域自然エネルギー農業自然上映会町づくり映画

    2019年08月15日

    八王子の農業に新しい力強いうねりとなって

    こんばんは



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    キウイ
    キウイ




    、花言葉 ひょうきん  生命力  豊富


    キュウイは2か所の畑に植えてあります。
    家のはグリーンキウイだけど、
    ゴールドも好きです。


    市や都に対して反対請願をしました。
    市や都に対して反対請願をしました。




    きょうは、こんなことを書いていました。
    学んできたことがありました。
    俺は、多摩丘陵の自然の中で、酪農をしてきました。
    自然環境を守っていくために、
    むやみな自然破壊の墓地造成に対して反対運動で、
    市や都に対して反対請願をしました。
    八王子市は保守的な町で、このような運動は
    あまり歓迎されませんでしたが、
    多くの人の賛同を得ることができ、
    東京都内での里山保全運動に発展して
    大きな自然環境保全運動になって
    多摩丘陵の保全につながっていきました。
    また、八王子市内の福祉事業活動をしているときに、
    自然エネルギーに熱心な若い人との出会いがありました。
    そんな若い人とかかわる中で、
    自分たちが住む町で未来に向けてのエネルギーに
    取り組めないかと試行錯誤していくうちに、
    多くの市民からの資金を集めるやり方を学び、
    そして、自分の施設活用が活かされることを知り、
    八王子協同エネルギーという活動はじまりました。
    同じように、八王子市内の若い農業をやりたいという
    若者との出会いで、若者が何人も集まって
    八王子の農業に新しい力強いうねりとなって
    八王子の農業に貢献する人たちとなってきました。
    いい人たちとの出会いで素晴らしい取り組みが始まり、
    八王子の顔になってきてることにとてもうれしい
    気持ちでいっぱいです。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!



      


  • 2019年08月13日

    娘にトラクターの運転を教えていました。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    メドーセージ
    メドーセージ





    花言葉 家庭的、普遍愛




    見たことはないですが、
    サルビアの花に似ていますね。



    娘にトラクターの運転を教えていました。
    娘にトラクターの運転を教えていました。





    娘が夏休みなので、、
    ちょっと余裕があるので、
    きょうも早朝から堆肥舎の
    仕事をしていました。
    いらなくなったビックな袋を裁断して、
    片付けていました。
    ちょっと、動いているだけで
    Tシャツに汗が吹き出しびっしょりでした。
    午後4時ごろになって、
    畑で娘にトラクターの運転を教えていました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • Posted by おっさん2 at 01:01Comments(0)農業生活暮らし