たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2020年07月09日

楽しく、、話してた中で生前戒名をお願いしました。

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪




ニューギニア・インパチェンス
ニューギニア・インパチェンス






花言葉 「鮮やかな人」「強い個性」





どこかで見ているけど、、
身近にはないです。



楽しく、、話してた中で生前戒名をお願いしました。
楽しく、、話してた中で生前戒名をお願いしました。






きょうは、菩提寺のお坊さんに
来てもうことにしていました。
初めての、、依頼です。
お寺の息子さんが来てくれました。
玉泉寺というお寺を継いでくれる人です。
以前から、自分とお寺とのかかわの中で、
やっていかなければいけないと
依頼していたことがあり、
きょう、来てもらっていました。
若いお坊さんに、
俺の人生でやってきたことを話し、
これからの我が家にどう、
繋いでいくか。
楽しく、、話してた中で生前戒名をお願いしました。





多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





  


  • Posted by おっさん2 at 04:10Comments(0)地域歴史生活暮らし

    2020年06月25日

    聞いている人の顔が変わっていましたね。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ポーチュラカ
    ポーチュラカ




    花言葉 「いつも元気」



    この花の名前のように、
    いつも元気でいたいですね。
    花びらがカラフルですね。



    聞いている人の顔が変わっていましたね。
    聞いている人の顔が変わっていましたね。



    突然、facebookのメッセージに、
    宇都宮けんじさんの
    都知事選応援演説をお願いします。
    という話が舞い込んできました。
    俺、即座に受けていました。
    俺、南大沢駅前で
    自分の知ることを話していると、、
    40年、多摩ニュータウン開発に
    かかわっていたことから、
    話していると、、、
    聞いている人の顔が変わっていましたね。

    妻のトイレ介助、朝食を済ませ、
    一度、ベットに戻り、
    南大沢駅に出かけていました。
    応援演説を終え、
    すぐ、自宅に戻り、
    検温、36.0度で、
    無事、デイサービスに出掛けました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!


      


  • Posted by おっさん2 at 04:41Comments(0)講演歴史多摩ニュータウン

    2020年06月24日

    小規模作業所の「かたくりの家」でした。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ギボウシ
    ギボウシ





    花言葉 『落ち着き』『沈静』



    これ、牛小屋の入口に舩木君が
    植えてくれています。


    小規模作業所の「かたくりの家」でした。
    小規模作業所の「かたくりの家」でした。



    都知事選が始まっていますね。
    俺がかかわってきた
    多摩ニュータウン開発について
    書いていました。

    多摩ニュータウンの開発は
    元日本住宅公団主導の構図でした。
    自分たちの町と望む意見を言うには、
    東京都よりも、日本住宅公団にお伺いを
    しなければと言う時代がありました。
    ただ、南大沢地区の南大沢駅周辺以西は
    東京都の西部開発でした。
    基本的には、保育園、幼稚園、小学校、
    中学校、商業エリア、近隣商店街と合わせて
    スーパーの町づくりです。
    ニュータウンに移り住む家族のニーズに必要な
    福祉事業所は皆無でした。
    30年前近くに、、当時の多摩養護学校の
    卒業生の受け入れ作業所が皆無で、
    その第一号は、我が家の畑に、
    父が受け入れた小規模作業所の
    「かたくりの家」でした。
    都も市も、、手を差し伸べることは
    ありませんでした。




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







      


  • 2020年06月13日

    恩師の先生と話していました。

    こんばんは, 




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ザクロ
    ザクロ





    花言葉 「円熟した優雅さ」「愚かしさ」「結合」




    名前は知ってるけど、、
    身近にはないです。








    梅雨に突入しましたね。
    午前中、雨が降っていなかったので、
    田んぼの草刈りに出かけていました。
    1年、経つ真竹も大きくなって、
    草刈り、竹の伐採もやっていました。
    休憩中は、小学校時代の同級生や、
    恩師の先生と話していました。



    恩師の先生と話していました。
    恩師の先生と話していました。



    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 07:28Comments(0)歴史生活里山暮らし

    2020年06月11日

    由木村の歴史をいっぱい話してもらっていました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ハス
    ハス




    花言葉 「清らかな心」「神聖」「離れゆく愛」「雄弁」





    これ、田んぼにあります。
    きょうの田んぼのl草刈りしたところにあります。
    FIOのメンバーが植えました。



    由木村の歴史をいっぱい話してもらっていました。
    由木村の歴史をいっぱい話してもらっていました。




    きょうは、月曜日にあったこと書いていました。

    月曜日が燃えるごみで、道路際に青袋と、
    オムツの袋を出していました。
    散歩の通りすがりの深い帽子とマスクをかけた女性から、
    鈴木昇さんの息子さんですね。と言われていました。
    見たことのない人だったので、、
    すいません、どちらですかというと、
    元八王子市役所の児童館で働いて者ですと言われていました。
    鈴木昇さんから、子供たちに、牛や農業の話、
    由木村の歴史をいっぱい話してもらっていました。と、
    お礼を言われていました。
    昔、俺の知ってる児童館の職員さんの「姥さん」「三橋さん」
    知っていましたね。
    自分は知らない人ですが、父のやってきたことが
    思い出になっていてくれていること感謝します。
    とても、うれしかったです。




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • 2020年05月21日

    由木に生きてきて良かったと思っています。

    こんばんは、


    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ニチニチソウ
    ニチニチソウ





    花言葉 「楽しい思い出」




    花の名前は、よく知る名前ですが、
    身近にはないです。



    由木に生きてきて良かったと思っています。
    由木に生きてきて良かったと思っています。



    きょうは、2つ、書いていました。

    1カ月ぶりに、息子のいる病院に出かけていましたが、
    面会はご遠慮くださいとされていましたが、
    職員さんにお願いしたら、、息子に面会できました。

    「きょうも、東京都職員と電話で話していました。
    またも、八王子市農林職員は仕事ができないと言われた。
    情けない。中核市だよ。」

    俺、由木に生きてきて良かったと思っています。
    生まれたときから畑や田んぼ、山、寺沢川を
    小さいころから見てきていました。
    地域の伯父さん、おばさんの話を聞いてきました。
    そのうえで、ユギムラはこうあるべきと、
    行政、UR に働きかけてきました。
    社会に訴え続けてきたこと、、
    自慢じゃないけど、、
    身近では、、八王子市、日野市、多摩市、
    稲城市でも見たことないです。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






      


  • Posted by おっさん2 at 01:08Comments(0)地域農業自然政治歴史町づくり里山多摩ニュータウン

    2020年05月19日

    記憶を読みがえしていました。

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    シラン
    シラン






    花言葉 「美しい姿」・・・うつむき加減に咲く涼やかなたたずまいをイメージ。
    「あなたを忘れない」「お互い忘れないように」「変わらぬ愛」・・・「一途な思い」を体現する花、としての言葉を託した物。
    「薄れゆく愛」・・・花も葉も線が細いので、「薄幸」「薄命の美人」などと重ね合わされたか?





    写真では見たことあります。花の名前も耳にしますね。



    記憶を読みがえしていました。
    記憶を読みがえしていました。



    ここ、3日間、取り組んでいたことありました。
    小学校2年生の時の担任の先生に
    教えていたことありました。
    最初の一日目は、
    先生に、俺にメールを送ってください出した。
    翌日なっても来ないので、
    電話口で、メールアドレスを教わりました。
    そして、メールを送り、
    返信をもらいました。
    そして、きょう、先生へのメールに
    ZOOM会議でのURL を送り、
    電話口で、そのURLをクリックしてから、
    パソコンの画面指示をして、
    80歳まじかの先生と、
    パソコンを通しての顔を見ながら、、
    記憶を読みがえしていました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






      


  • Posted by おっさん2 at 02:46Comments(0)歴史生活暮らし高齢福祉

    2020年05月18日

    自然保護をやって来た結果と思っています。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    姫ライラック
    姫ライラック





    花言葉 思い出」「友情」「謙虚」
    紫のライラックの花言葉は「恋の芽生え」「初恋」
    白いライラックの花言葉は「青春の喜び」「無邪気」




    花の名前は、聞いたことあるけど、実際、手にしたことないです。






    自然保護をやって来た結果と思っています。
    自然保護をやって来た結果と思っています。




    きょうは、20年前に自分がやっていたことです。よくやって来たと思う。

    昔、町田市側は、区画整理事業で都道155号線の
    都市計画道延長を進めていました。
    堀之内側は、多摩ニュータウン事業の中でと、
    堀之内の由木かたくりの会の前の信号以北から、
    東京都多摩都市整備本部の用地課で進めていました。
    しかし、町田市側の区画整理事業のUR が抜けたことで、
    区画整理事業がとん挫し、尾根幹以南の道路計画は
    進んでいません。
    自分の所有する畑が155号線と隣接していました。
    その道路計画の中で大変なこといっぱいありました。
    既存地形と道路の路面とが無関係で大変でした。
    そのために東京都、URと交渉して基盤整備をやっていました。
    自己負担でできるものではありません。
    他から表土を確保するだけで大変でした。
    交渉に数年要していました。また、堀之内側の155号線は
    以前には寺沢川という河川がありましたが、
    それを暗渠河川にして、川を地中に埋めてしまいました。
    そこで起きる問題は、元河川は蛇行していることから、
    畑の隣地が飛び地になり、関東財務局や八王子市との
    払い下げ問題もあり、これも終わらせるのに
    数年かかっていました。
    日野市平山に抜ける時にトンネル3つもあります。
    これ、、自然保護をやって来た結果と思っています。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!









      


  • Posted by おっさん2 at 02:27Comments(0)農業自然歴史町づくり生活多摩ニュータウン

    2020年05月13日

    「私たちの町は、私たち自ら取り組むことの大切さ」

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ベニカナメモチ
    ベニカナメモチ





    花言葉 賑やか。





    これ、我が家の生け垣になっています。
    剪定を近いうちにやります。



    「私たちの町は、私たち自ら取り組むことの大切さ」
    「私たちの町は、私たち自ら取り組むことの大切さ」



    きょうは、こんなことを書いていました。

    俺、いくつかの大学の取り組みにかかわっています。
    昨年の夏に、法政大学社会学部の
    2年生、3年生の多摩ニュータウンでの現地調査で、
    俺が対象者の一人になっていました。
    2019年度法政大学社会学部調査実習報告書というもので、
    今年の2月ごろに200ページ近いものが製本されて
    送られてきました。
    来たときは、パーっと目を通しただけでした。
    改めて、、きょう、その学生が調査した内容を見ていました。
    かなりの障害福祉施設の取り組みの調査、
    多摩ニュータウンの歴史から見る町づくりに、
    若い学生の目を通して、、調査報告が書かれていました。
    びっくりしたのが、、見落としていました。
    我が家に来てくれた学生さんが、俺が語っていたことを、、
    書き起こしてくれていました。
    ほとんど、俺が言い伝えたいことを、
    俺の語りのまま書かれ、「私たちの町は、私たち自ら取り組むことの大切さ」を調査報告のまとめにしてくれていることに、、びっくりしていました。
    写真は、父です。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!













      


  • Posted by おっさん2 at 00:14Comments(0)地域大学歴史町づくり多摩ニュータウン

    2020年04月27日

    自分が先祖から引き継いだ畑や田んぼ、 山を活かしてきました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    チェリーセージ
    チェリーセージ





    花言葉 『燃ゆる思い』『尊重』『知恵』






    どこかで見ているだろうけど、、
    名前からして、、
    ハーブティーにいいんだろうな。




    自分が先祖から引き継いだ畑や田んぼ、 山を活かしてきました。
    自分が先祖から引き継いだ畑や田んぼ、山を活かしてきました。




    きょうも、、ある大学の先生のところに書いていました。
    俺、学生ではないけど、、
    人生、生きていく中でお金には縁がなかったです。
    多摩ニュータウン開発に反対して酪農で生活していました。
    畑を売れば、、何億円にもなって、
    豪華な家を建てて、文化生活ができたんだろうなと思うけど、、
    それはなかったです。
    60数年生きてきて、今、思うことです。
    自分が先祖から引き継いだ畑や田んぼ、
    山を活かしてきました。
    あるものを自分の思考で活かす、、
    ある時代には多摩ニュータウンの町に
    障害福祉施設が皆無でした。
    父の相続の時には、牛の仕事をしながら、
    ダンプカーで新宿の都庁の福祉局に通い、、
    多くのいい人との出会いで社会福祉法人をお金もない中、、
    創設していきました。
    そこには国のお金が動いているんです。
    自然保護では、都庁の環境局に通い、
    自然保護条例で、、里山保全地域指定にしていくことで、
    東京都の予算で年間10億円以上のお金が予算化されます。
    近隣公園の町づくりは、
    里山公園をUR都市機構が財政投融資で何億円ものお金で、、
    里山公園の造成と管理棟を作ってくれました。
    そんなこと経験してきて、、
    ユギムラ牧場を町づくりに位置づけてきました。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!