たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2020年04月05日

公園内の土手に腰を掛けていました。

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪




忘れな草
忘れな草





花言葉 「真実の愛」「私を忘れないで」





花は、見たことないです。
思い浮かぶのは、、
倍賞千恵子さん、菅原洋一さんです。


公園内の土手に腰を掛けていました。
公園内の土手に腰を掛けていました。



きょうは、土曜日で妻はデイサービスに
送り出した後に、
天気も気持ちいいので、
堀之内寺沢里山公園に
散歩に出かけ、
公園内の土手に腰を掛けていました。
隣で座っていた、
公園ボランティアさんに声をかけ、
話が始まりました。
地域の昔からの歴史や、
公園のできた経緯なども伝えていました。
ボランティアさんたちの仕事は終わり、
その方と1時間半近く地域のことで
盛り上がっていました。






多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







  


  • 2020年04月02日

    酪農青年という感じで、、その場でモデルになりました。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    ゲンペイカズラ
    ゲンペイカズラ




    花言葉 親友、個性の強さ、チャンス到来




    まったく知りません。
    個性は大事にしたいです。






    きょうは、水曜日でいつもならテニスですが、
    ウイルスということもあり、
    当分、休むことにしました。
    今年、1月の高額医療費の還付の手続きのために、
    由木事務所に出かけていました。




    酪農青年という感じで、、その場でモデルになりました。
    酪農青年という感じで、、その場でモデルになりました。




    こんなことを書いていました。
    由木中央市民センターの開設日が
    昭和63年3月14日だから、昭和60年頃の自分です。
    30歳のころです。
    このレリーフの制作者は、当時、打越町に住む
    橋本豊治さんです。
    俺、当時、都道155号線の沿道にあった
    鈴木牧場の牛舎で道路際で仕事をしていた時でした。
    橋本さんが由木の酪農従事の人を探していました。
    それで、堀之内を歩いていました。
    俺、若いころもおしゃべりが好きだったので、
    橋本さんと道路で話し始めました。
    俺の母方の伯父が打越町に住んでいますと言ったところ、
    橋本さん宅のすぐ近くに住み、
    友達ということがわかりました。
    即、酪農青年という感じで、、その場でモデルになりました。

    橋本豊治さん
    https://www.townnews.co.jp/0305/2019/07/25/490705.html





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







      


  • Posted by おっさん2 at 05:14Comments(0)農業歴史生活多摩ニュータウン

    2020年03月29日

    語りつくせない中で、、

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ボケ
    ボケ




    花言葉 「平凡」「早熟」「先駆者」





    ボケは、、聞くことはあるけど、、
    実際に見たことないです。



    語りつくせない中で、、
    語りつくせない中で、、



    きょうの午後2時に親友でもあり、
    盟友でもある地域活動を共にしてきた、
    富永一夫さんが牛小屋に来てくれました。
    牛小屋で、娘や、ユギムラの若い人たちとも会話した後に、
    2時間ほどの楽しい話に夢中になっていました。
    富永さんと23年ぐらい前に出会い、
    お互いに地域で事業や市民活動をしてきた
    20数年間の話は、語りつくせない中で、、
    夢中になっていました。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






      


  • Posted by おっさん2 at 03:05Comments(0)地域歴史多摩ニュータウン

    2020年03月11日

    初めての出来事です。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    エピデンドラム
    エピデンドラム






    花言葉 「孤高への憧れ」「判断力」「可憐な恋」





    可愛い花ですね。
    でも初めて聞くような花の名前です。



    初めての出来事です。
    初めての出来事です。




    きょう、一日、雨が降っていました。
    午前中、妻のリハビリに
    理学療法士さんが来てくれていました。
    午後は、介護ヘルパーさんに
    清拭をお願いしています。
    磯沼さんが堆肥を持ってきてくれていたので、
    堆肥小屋の仕事していました。
    きょう、びっくりしたことがありました。
    八王子市農協本店の
    指導経済部・地域振興課長さんが
    挨拶に来てくれていました。
    職員にいろいろ携帯で
    八王子の農業でやるべきことを
    伝えていたことで、
    担当課長が挨拶に来たと言う感じです。
    初めての出来事です。
    ついでに、
    八王子市農協の歴史を伝えていました。




    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!









      


  • Posted by おっさん2 at 01:23Comments(0)農業歴史生活暮らし

    2020年03月08日

    俺が等身大で立っている自分

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪




    マーガレット
    マーガレット




    花言葉 「恋占い」「真実の愛」「信頼」






    キク科なんですね。
    女3男1だったので、子供のころ、
    そんなまんが雑誌があったような
    記憶があります。




    俺が等身大で立っている自分
    俺が等身大で立っている自分




    八王子市のホームページに紹介された、
    「八王子の歴史文化 百年の計」について
    書いていました。

    平塚さん、
    こんばんは、由木の鈴木です。
    自分が手掛けたこと、、、
    少しありました。
    由木の歴史は50年、
    俺が小学校3年の時に八王子市に合併しました。
    由木の酪農家の4代目の息子、、、
    先祖は天正時代に八王子城の落人が
    由木に点在した子孫です。
    その流れの中に自分が存在しているんですね。
    100年ではないけど、、、
    八王子市が製作したレリーフに、、
    俺が等身大で立っている自分が
    30年目ぐらいを迎えています。
    うちのものだけが知ってるだけでいいんだけど、、、
    貴重なものの中に自分が立っています。
    ある市施設にあります。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 03:48Comments(0)地域歴史多摩ニュータウン

    2020年03月03日

    25年ぐらい前です。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪






    エニシダ
    エニシダ




    花言葉 「謙遜」「卑下」「清潔」




    魔女が空を飛ぶ時のほうきは、
    エニシダの枝だそうだが、
    原産地のヨーロッパには
    孟宗竹って生えてないのかな?




    25年ぐらい前です。
    25年ぐらい前です。



    きょうは、一日、雨模様でした。こんなことを書いていましした。

    25年ぐらい前です。
    自分の酪農の仕事を地域に位置付けるために、
    東京都の当時の建設局の
    多摩都市整備本部(東京都の多摩ニュータウン開発の本部、
    今はありません)と交渉を重ねている時期でした。
    直接的には多摩ニュータウンで大きな問題だった
    南北道路が一つもないなか、
    堀之内の都道155号線の都市計画道路で、
    我が家の畑を分断するなかで、
    酪農の畜産環境整備に必要な予算を付けるよう
    交渉していました。
    都には、労働経済局の農林部門があるのですが、
    畜産推進という事業があっても、
    町づくりのところまでの役目はありませんでした。
    都市計画道路の交渉の中で、農林予算というよりは、
    町づくり予算として、ユギムラの酪農家の4軒に、
    多摩・島嶼予算で畜産環境整備してきたことを
    思い出しました。
    当時としては、都市計画道の南北道路の整備の
    急務ということもあって、
    東京都の建設局の部長も絡む問題になっていました。

    40歳代の時によくやったなぁと思うこの頃です。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 01:19Comments(0)地域農業歴史町づくり生活多摩ニュータウン

    2020年03月01日

    古き良い時代で、白壁を残して改築する

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    チロリアンデージー
    チロリアンデージー





    花言葉 無邪気、幸福、自然の喜び





    和名が「ヒナギク」とあって、、
    かわいいですね。



    古き良い時代で、 白壁を残して改築する

    古き良い時代で、白壁を残して改築する



    きょうは、中学時代の同級生の
    水道工務店の社長さんと
    息子さんに来てもらっていました。
    我が家は家を建てて、
    今年で90年目です。
    今では使われてない
    トイレの改築をする予定です。
    木造で、上半分が土壁の白塗りです。
    娘が古き良い時代で、
    白壁を残して改築する
    話を進めていました。







    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!






      


  • Posted by おっさん2 at 01:00Comments(0)歴史日曜大工同級生

    2020年02月26日

    自分に重なることがあり、

    こんばんは、




    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    ゼラニウム
    ゼラニウム






    花言葉 「尊敬」「信頼」「真の友情」
    赤いゼラニウムの花言葉は「君ありて幸福」。
    ピンクのゼラニウムの花言葉は「決心」「決意」。
    白いゼラニウムの花言葉は「私はあなたの愛を信じない」。
    黄色いゼラニウムの花言葉は「予期せぬ出会い」。
    深紅のゼラニウムの花言葉は「メランコニー(憂うつ)」





    名前はよく聞く花の名前ですが、
    身近にはありません。
    花言葉が色によって
    かなり違いがあるのは面白いです。



    自分に重なることがあり、
    自分に重なることがあり、




    最近,facebookの友達の文章につられ、
    そこに書き込むこと多くなりました。
    書いてることは、もう、同じことを
    書き綴ってるって感じです。
    自分の40年近い時間の中で、
    よみがえってくることを
    書いているだけですが、
    きょうは、大学の先生が
    書いていたことを読んでいて、、
    自分に重なることがあり、
    書き込みをして、
    町づくり研究のコミュニティに
    アップしていました。
    その先生から、、
    自分のやってきたことに
    興味を持ってもらえたようです。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







      


  • Posted by おっさん2 at 01:53Comments(0)大学歴史町づくり多摩ニュータウン

    2020年02月17日

    丹沢山系で見た以来の出来事でした。

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    赤いスイートピー
    赤いスイートピー




    花言葉 「門出」「別離」「ほのかな喜び」「優しい思い出」




    松田聖子の歌しか知りません。




    丹沢山系で見た以来の出来事でした。
    丹沢山系で見た以来の出来事でした。



    昨日から、妻はショートスティに行っている。
    不意に思い、
    出かけることにしました。
    昨夕は、中央高速の
    八ヶ岳パーキングエリアで
    停泊していました。
    朝、目が覚め、
    レトルトのお米と、
    中華丼を温めて朝食をすませ、
    一路、八ヶ岳のメルヘン街道に
    向っていました。
    高度が上っても、気温はさほど下がらないけど、
    奥蓼科高原まで来ると
    根雪になってきました。
    夏タイヤでは無理です。
    麦草峠は40年前に来ていますが、
    冬季道路封鎖で、手前で引き返しましたが、
    道路の真ん中に鹿が2頭立ちすくんでいました。
    これも、40年前に
    丹沢山系で見た以来の出来事でした。
    若いころの自分を思い出していました。
    運転は下手になりました。





    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!





      


  • Posted by おっさん2 at 01:41Comments(0)自然歴史暮らし介護

    2020年02月11日

    要介護5の妻とスーパーに出かけていました

    こんばんは、



    コロ君の日本探訪
    コロ君の日本探訪





    スカビオサ
    スカビオサ




    花言葉 「不幸な愛」「私はすべてを失った」




    高原に咲く花らしいんだけど、、
    悲しい花言葉ばかりが出てきます。
    高原に咲く花、、、清々しい気持ちにしておきます。




    要介護5の妻とスーパーに出かけていました
    要介護5の妻とスーパーに出かけていました




    きょうはこんなことを書いていました。

    自分が、、堀之内に父が誘致した
    福祉事業所と共に
    継続的に歩む道を20年前に
    考えていました。
    そのころは、自分の仕事である牛の仕事、
    地域の残土の問題、お墓の問題、、
    もう、手に負えない問題が自分にのしかかっていましたが、
    父が亡くなって、作業所を国の認可を受けた
    法人化に取り組んだり、
    その後、地域環境の中で環境の保全のために、、
    東京都の里山保全地域指定の網掛けに成功していたこと、、
    そこにかかわる人とのかかわりをしていく中で、
    近藤さんや、舩木君や、田中君とも出会いがあり、
    身近な地域でかかわれてきたこと、、
    自分だけが思ってるのかもしれませんが、、
    すごいことやってきたと思うこの頃です。
    きょうも出かけていましたが、、
    要介護5の妻とスーパーに出かけていましたが、、
    俺たちみたいの見たことないです。






    多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




    多摩丘陵のおっさんの脱線力!!




      


  • Posted by おっさん2 at 02:28Comments(0)地域自然歴史ブログ介護