たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2020年07月08日

自分の生き方で臨むしかないです。

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪




トルコギキョウ
トルコギキョウ






花言葉 「すがすがしい美しさ」「優美」「希望」






見たことないです。なんか、
ソフトタッチで綺麗な花ですね。




きょうは、土曜日にショートステイに出かけていた
妻が帰ってきます。
それまでに、田んぼと
堆肥舎の仕事を済ませて、
元の生活が始まりました。



自分の生き方で臨むしかないです。
自分の生き方で臨むしかないです。




きょうは、こんなことを書いていました。
俺、ギリギリか、、わからないところで生きている。
今、抗がん剤の治療中です。
一日がかりの点滴治療です。
まず、血液検査で、現時点の血液の
状況把握から始まります。
先週は、血小板がほとんどありませんでした。
一昨日は、とりあえず、
正常値の半分弱、、、
交通事故に会ったら大変です。
点滴に入る前に、
カロナールというアレルギーを
抑える薬を飲みます。
その後、血圧、体温、
血液の酸素濃度を測りながら、
抗がん剤の投与です。
看護師が5時間の治療中に、
血圧と酸素濃度、それと、
常時、胸に貼った心電図は
無線で看護師が随時、
監視してくれています。
それを抗がん剤投与は、
半分ぐらいになったら、、
薬の投与量を倍にして進めていきます。
それが5時間です。
こういう治療は、、
主治医から入院しながらやります。
というのが普通のようですが、
先生にお願いして、
妻の全介護ということもあるのと、
突然の血小板が限りなく
ゼロに近くなったことで、
突然の抗がん剤治療に
なったこともあって、
通院治療にしてもらっていました。
この癌治療を始めたころは、
多くの方が抗がん剤治療中に、、
亡くなっているのを
目のあたりしてる自分には、
自信がないけど、、、
自分の生き方で臨むしかないです。




多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!







  


  • Posted by おっさん2 at 03:15Comments(0)医療生活ブログ暮らし介護