たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2019年10月25日

社会へも影響する社会運動にもなります。

こんばんは、



コロ君の日本探訪
コロ君の日本探訪






メラウレカ・リボリューションゴールド
メラウレカ・リボリューションゴールド





花言葉 『清潔』『力強い味方』






これ、見たことあるけど、、
身近にはないです。



社会へも影響する社会運動にもなります。
社会へも影響する社会運動にもなります。




きょうは、こんなことを書いていました。

既存の市民です。
俺、自分の町はこうあるべきと、やって来ました。
たぶん、地元から発信しなければ、
行政は動かないと言う経験を幾度も経験してきました。
多摩丘陵に違法残土があった時、
何度も警察に通報したり、
そのころは中核市ではないので、
調整区域の問題は東京都の開発指導課、
自然保護は多摩環境事務所に何度も出向いていました。
お墓造成の問題は、、東京都保健所に殴り込み、
名義貸しのお寺に市議と早朝に出かけ、
話し合いしていました。
長期にわたり、違法残土のことで市の開発指導課の課長と
5時間以上の交渉の結果、地権者を理解を求め、
事業者が入れない合法的な道路封鎖をやり、
黒須市長時代に、八王子市初の開発指導課の残土条例で
市長命令による現状回復命令を発令したこともありました。
でも、その時代は八王子市の自然保護は遅れていたので、
東京都庁に通い、環境局の働きかけで、
自然保護条例による八王子市初の里山保全地域指定で
堀之内の多摩丘陵の里山保全。
多摩ニュータウン開発の中で、自分たちの町の保全のために、UR都市機構との交渉で、堀之内寺沢里山公園を
6ヘクタールの公園を実現してきました。
多摩ニュータウン開発の30年前は障害者の養護学校卒業後の
行き先がなく、市の行政の施策がなく、、
俺、都庁の福祉局に通い、、
今の福祉事業所の社会福祉法人を実現してきました。
市民自ら地域にかかわるのが一番、
理解してる地域民の発信が大事と思う。

もう一つです。
18年ぐらい前に、八王子市の市議会の請願で
ネットを使って請願活動をして、
市議会の議会を驚かせたことがありました。
ネットの使い方によっては議会や市の上層部にも
影響を及ぼす活動ができます。
11年前にはmixiを使って稲城市の自然保護に取り組み、
多くのわかい人たちの自然保護活動が大きな活動になり、
高畑勲ジブリ監督さんを呼ぶ取り組みを
やっていた時もありました。
使い方によっては社会へも影響する社会運動にもなります。
一昨日は、農林省の職員さんとFB友達になってる方に、
問題になってる担当職員さんを紹介してもらって、
初めての方であっても信頼関係をつくりながら
相談していました。
また、自分の自己紹介のユーチューブを
映画監督されている方に作ってもらい、
名刺代わりにしています。
役所だと電話で話しながら
自分の動画を見てもらうと話も早いです。






多摩丘陵の住人 鈴木亨さんの生き方




多摩丘陵のおっさんの脱線力!!



  


  • Posted by おっさん2 at 02:35Comments(0)環境福祉地域自然歴史障がい福祉町づくり暮らし